過去問.com

保育士試験 平成23年度(2011年) 小児保健  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、平成20年の日本の「人口動態統計」に関する記述である。最も適切な記述を一つ選びなさい。

 1 . 
妊産婦死亡率は、出産10万対9.2、出生10万対9.6であった。
 2 . 
乳児死亡率は、出生千対2.6であった。
 3 . 
合計特殊出生率は、1.66であった。
 4 . 
出生数は、1,314,006人であった。
 5 . 
全人口は、前年比約50万人の増であった。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
4

正解は2です。

1は×です。平成20(2008)年の人口動態統計によると、妊産婦死亡率は出産10万対3.5、出生10万対3.6となっています。

2は○です。

3は×です。平成20(2008)年の人口動態統計によると、合計特殊出生率は1.37です。ちなみに平成23年は1.39、平成24年は1.41です。

4は×です。全人口は、前年比で138,000人の減少となっています。

2014/11/25 14:38
ID : qbkbkyvwno
0

正解は2です。

1が×…2008(平成20)年の妊産婦死亡率は出産10万対3.5、出生10万対3.6となっています。

3が×…2008(平成20)年の合計特殊出生率は1.37です。2009(平成21)年は1.37、2010(平成22)年は1.39です。

4が×…2008(平成20)年の出生数は、1,091,156人です。

5が×…全人口は、前年比138,000人減少しました。

2016/05/13 15:12
ID : vvenfoax
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。