過去問.com

保育士試験 平成23年度(2011年) 小児保健  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、脳の発育・発達に関する記述である。最も不適切な記述を一つ選びなさい。

 1 . 
脳幹は、生命の維持に必要な心臓、呼吸、体温調節などの機能をつかさどっており、出生時にほぼ完成している。
 2 . 
脳の重量は、生後急速に増加して、3歳で成人の約80%、6歳で約90%に達する。
 3 . 
乳幼児期の脳の重量の増加は、主として脳神経細胞の数の増加による。
 4 . 
脳神経細胞からでている突起(軸索)は、情報の受け渡しを担っている。
 5 . 
軸索は、髄鞘形成によって、情報をより早く、より正確に伝えるようになる。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
4

正解は3です。

乳幼児の脳の重量が増えるのは、脳神経細胞の数が増えるためではありません。脳神経細胞の数は出生時が一番多く、加齢とともにその数は減少していきます。
しかし出生後、脳神経細胞同士をつなげる神経回路のネットワークが発達するため、それに伴って脳の重量は増加していきます。

1、2、4、5は、すべて適切な記述です。

2014/11/26 11:53
ID : qbkbkyvwno
0

正解は3です。

3が×…大脳新皮質の約140億個の脳細胞の数は、出生時にほぼそろっていて、出生後に増加はしません。脳細胞の働きを助けるグリア細胞の増加と脳細胞同士の神経回路が密になるため重量が増加します。

2016/05/13 15:18
ID : vvenfoax
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。