過去問.com

保育士試験 平成23年度(2011年) 小児保健  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の【症例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【症例】 3歳、男児
某月某日、鼻汁、咳嗽など「かぜ」のような症状が出はじめた。その後、次第に咳が強くなってきた。約4週間たってから、咳がはげしくなり、連続的に咳き込み、そのあと息を吸うときにフューという音が出た。咳の発作は夜間に強く、咳き込みに伴いおう吐もみられた。また、チアノーゼ、顔面紅潮、眼瞼浮腫などもみられた。

【設問】この患児の診断名を一つ選びなさい。

 1 . 
喘息性気管支炎
 2 . 
百日咳
 3 . 
マイコプラズマ肺炎
 4 . 
「かぜ」症候群
 5 . 
肺結核
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
5

正解は2です。

1 ×
喘息性気管支炎はかぜに伴って、痰などが気管にたまって狭まることによって起こる症状ですが、フューというより、ゼーゼーした音が目立ちます。


2 ○
百日咳は、まずかぜのような症状が起こり、その後1~2週間、しつこい咳が続きます。コンコンと咳をした後、フューと笛のような音をたてて息を吸うという発作(レプリーゼ)が特徴で、咳き込みのため、おう吐、チアノーゼ(皮膚や粘膜が青紫色になる)、顔面紅潮、浮腫などがみられます。

3 ×
マイコプラズマ肺炎も、かぜと同じような症状ですが、レプリーゼ(フューという音)は目立ちません。痰が絡んだような咳がよく起こります。

4 ×
単純なかぜのときは、レプリーゼ(フューという音)は目立ちません。

5 ×
乳幼児が肺結核にかかると、高熱が出て、重症化しやすいので注意が必要です。BCG接種で、ある程度の予防ができます。

2014/11/29 07:43
ID : qbkbkyvwno
0

正解は2です。

1が×…喘息性気管支炎は、2~3歳までの乳幼児のかぜなどの上気道感染によって起こる気管支炎で、気管支腔に分泌部が多くなると気道が狭くなり、空気が通るときにゼーゼーという音がします。

3が×…マイコプラズマ肺炎は、頭痛、発熱、咽頭痛、咳などの「かぜ」症候群と同じような症状を示し、咳が夜間にひどかったり、長びく場合があります。

4が×…「かぜ」症候群は、ウイルスや細菌による感染性の上気道炎で、くしゃみ、鼻汁、のどの痛み、咳、発熱などの症状があります。

5が×…乳幼児の肺結核は、初感染であるので、軌道局所にとどまらず、血流にのって全身に結核菌が運ばれるので高熱が出ます。

2016/05/18 10:23
ID : vvenfoax
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。