過去問.com

保育士試験 平成23年度(2011年) 小児栄養  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、わが国における糖尿病に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 成人の糖尿病の90%以上は1型糖尿病であるが、小児期では1型糖尿病はみられないのが特徴である。
B 2型糖尿病は遺伝的要因が強く、過食や肥満及び運動不足などが発症を促進させる。したがって、小児期から過食による肥満を防ぐとともに運動の習慣を継続することは、2型糖尿病の予防に有効である。
C 2型糖尿病は、肝臓のα細胞が破壊され、インスリンの量が絶対的に不足することによって発症する。
D 「平成19年国民健康・栄養調査報告」によると、20歳以上の成人における「糖尿病が強く疑われる人」と「糖尿病の可能性を否定できない人」の合計は、男性女性とも総数において、平成19年では平成14年と比較して減少に転じた。

 1 . 
A○  B○  C×  D○
 2 . 
A○  B×  C○  D×
 3 . 
A×  B○  C×  D○
 4 . 
A×  B○  C×  D×
 5 . 
A×  B×  C○  D○
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は4です。

Aが×…成人の糖尿病の多くは、1型ではなく2型です。小児期では、1型の発症が多くみられます。

Cが×…膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、体の中のインスリンの量が足りなくなって起こるのは1型糖尿病です。

Dが×…糖尿病が強く疑われる人・糖尿病の可能性を否定できない人の数は、年々増加傾向にあります。
両者の合計は、2002(平成14)年は約1620万人、2007(平成19)年は2210万人となっています。

2016/05/18 10:37
ID : vvenfoax
0

正解は4です。

A ×
成人の糖尿病の多くは、生活習慣に起因する2型です。
1型が多いのは、小児期です。

B ○
適切な記述です。

C ×
インスリンを作っているのは、膵臓のβ細胞です。

D ×
糖尿病予備軍の人の数は、年々増加の傾向にあります。
平成14年には約1620万人でしたが、平成19年には2210万人となっています。

2014/11/29 08:18
ID : qbkbkyvwno
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。