過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第11505問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、骨格及び骨の疾病に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A たんぱく質は生命の維持に不可欠な栄養素であり、細胞膜、体の骨格、筋肉、皮膚などの組織を構成するとともに、代謝の調節などさまざまな機能を果たしている。
B リンは、骨組織には存在しない。
C クレチン症は、小児期にみられるビタミンDの欠乏症であり、骨が軟らかい、脊椎・四肢などの発育不全、異常な湾曲など、骨の形成異常が主な症状である。
D 成長期には骨量が増加し、ほぼ20歳までにもっとも多い骨量を獲得する。その後、加齢とともに骨量は徐々に減少するので、将来の骨粗鬆症予防のためにも、学童・思春期ではやせの予防とともに、過不足のないカルシウム摂取を心がける。
   1 .
A○  B○  C×  D×
   2 .
A○  B×  C○  D○
   3 .
A○  B×  C×  D○
   4 .
A×  B○  C○  D○
   5 .
A×  B○  C×  D×
( 保育士試験 平成23年(2011年) 小児栄養 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
正解…「3」
B・リン酸カルシウムは骨組織の重要な構成要素
C・小児期にみられるビタミンDの欠乏症は“くる病”。クレチン症は甲状腺ホルモンの分泌量が不十分となる疾患。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は3です。
B. リンは、骨や歯の構成成分になります。
C. クレチン症は、ヨウ素の欠乏が原因の症状です。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は3です。

A ○

たんぱく質は、細胞や体を構成するだけでなく、
代謝や生体防御あるいはエネルギーになるなど、
生命維持に欠かせない栄養素のひとつです。


B ×

骨の主成分は、リン酸カルシウムとたんぱく質です。


C ×

クレチン症は、
生まれつき甲状腺の機能が低下し、
甲状腺ホルモンが少なくなる病気です。

ビタミンDが欠乏し、
骨の形成異常を起こす疾患はくる病です。


D ○

骨量は成長とともに増加し、
そのピークは20歳頃といわれます。
学童・思春期にカルシウム摂取に留意し、
骨を丈夫にしておくことが、
高齢期の骨折予防につながっていきます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。