保育士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

保育士の過去問 第11508問 出題

問題

次の文は、食べる機能に障害がある小児の食事と食事介助に関する記述である。不適切な記述を一つ選びなさい。
 1 . 
食物の経口摂取のためには、口を使って食べている間は鼻で呼吸をするという、摂食機能と呼吸機能との協調が大切である。両者がうまく協調しないと、むせたり、せき込んだりしやすい。
 2 . 
食べる機能の発達を促すために、食事介助では、声かけをしたり食物を見せてから口に運ぶなどして、子どもの能動的な動きを引き出すことを心がける。
 3 . 
食物を調理する際は、基本的には離乳食の進め方の目安を参考にするとよい。
 4 . 
固さ・大きさ・粘稠性などを常に念頭において調理することが必要である。
 5 . 
大豆、ピーナツは、飲み込みやすくのどに詰まりにくいので、誤嚥されにくい食品として利用される。

この保育士 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
正解…「5」
のどに詰まりやすく誤嚥されやすい食品である。
評価後のアイコン
2014/10/09 19:36
ID : fvejmypcpz
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は5です。
ピーナッツは誤嚥すると危険な食品です。
硬くなめらかな形状なので気道に入りやすく、肺炎や窒息を引き起こしやすいです。レントゲンにも映りにくく診断が難しいです。
評価後のアイコン
2016/04/03 15:45
ID : promcxmss
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。