過去問.com

保育士試験 平成23年度(2011年) 保育原理  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、日本における保育の歴史についての記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 「子守学校」「子守学級」では、乳幼児を背負って学校に来る児童を教育し、その間、乳幼児を別室で保育する場合もあった。
B 明治末期には、東基吉、和田実などがフレーベルの恩物中心の保育を批判し、これとは異なる遊びを重視する保育や子ども中心の保育内容を提唱して全国の保母たちに受け入れられていった。
C 1948年に発行された『保育要領―幼児教育の手引き―』は、幼稚園と保育所での使用を前提とし、家庭での幼児教育のあり方についても扱っている。
D 日本では、「認定こども園」の創設まで、幼稚園と保育所の関係について国として検討したことはなかった。

 1 . 
A○  B○  C×  D×
 2 . 
A○  B×  C○  D×
 3 . 
A○  B×  C×  D×
 4 . 
A×  B×  C○  D○
 5 . 
A×  B×  C×  D○
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
6

正解…「2」

A・1870~80年代にかけて義務教育期間にあたる子が自分の幼い弟妹や他家の幼児の子守りを命じられて学校に行くことができないために、作られた学校。学校まで設けられない場合には子守り学級が設けられた。

B・東基吉、和田実ルソー、ペスタロッチ、フレーベルと受け継がれてきた「自然主義教育」を基本とし、東基吉は妻(くめ)とともに難解の歌詞ばかりの唱歌を変え幼稚園唱歌つくりのさきがけとなった。和田実は「幼児教育」という言葉を初めて使った人で、幼児教育界の先駆者。幼児教育を科学的に論じた「幼児期教育法」を著した。

C・幼児の保育内容として①見学②リズム③休息④自由遊び⑤音楽⑥お話⑦絵画⑧制作⑨自然観察⑩ごっこ遊び・劇遊び・人形芝居⑪健康保育⑫年中行事の12の内容とした。また、幼児の生活指導として①身体の発育②知的発達③情緒的発達④社会的発達の4点が挙げられた。

D・幼稚園は「子供に集団生活の中で充実した教育を受けさせたい」、保育所は「長時間子どもを預かってほしい」というそれぞれのニーズに応えてきたが、両方を同時に満たしてほしいというニーズが高まりどう対応するか課題としていた。平成9年から幼稚園と保育園の在り方について検討され、平成14年には文部科学省と厚生労働省が連携しつつ、幼稚園教諭・保育士資格相互取得の促進、幼稚園と保育所の一体的運営の促進が課題とされていた。

2014/10/12 15:29
ID : fvejmypcpz
1

正解は2です。
B.東基吉は形式的な恩物中心主義を批判して独自の保育(教育)を模索していますが、和田実は恩物中心主義を広げていこうとしました。
D.過去にも何度も議論がされていました。

2016/04/04 09:03
ID : promcxmss
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。