過去問.com

保育士試験 平成23年度(2011年) 保育原理  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、「保育所保育指針」第7章「職員の資質向上」の1「職員の資質向上に関する基本的事項」の一部である。( A )~( E )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

(1) 子どもの( A )を考慮し、( B )に配慮した保育を行うためには、職員一人一人の倫理観、( C )並びに保育所職員としての職務及び責任の理解と自覚が基盤となること。
(2) 保育所全体の保育の質の向上を図るため、職員一人一人が、( D )や研修などを通じて保育の専門性などを高めるとともに、保育実践や保育の内容に関する職員の共通理解を図り、( E )を高めていくこと。

 1 . 
A発達     B子どもの個性  C人間性   D子ども理解  E協働性
 2 . 
A発達     B個人差     C価値観   D保育実践   E実践力
 3 . 
A人権     B子どもの個性  C価値観   D保護者理解  E実践力
 4 . 
A最善の利益  B発達過程    C善悪判断  D子ども理解  E協働性
 5 . 
A最善の利益  B人権      C人間性   D保育実践   E協働性
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
6

正解…「5」
(1)…職員一人一人の資質向上が保育の質の向上を図る基本。職員の日頃の言動が子どもや保護者に大きな影響を与える存在であることから高い倫理性が求められ、それができてはじめて子どもや保護者の援助に意味をもつ。
(2)…組織の一員として保育実践や研修会などに参加することはもちろん、各保育所の理念をしっかりと理解し、職員間で共有した目標、保育内容と職務内容の共通理解をもつなどして相互の信頼関係を深めることが、保育所全体の保育の質を高めることにつながる。

2014/10/12 15:56
ID : fvejmypcpz
2

正解は5です。

保育所所保育指針7章には下記のように記載されています。

1 職員の資質向上に関する基本事項
 職員の資質向上に関しては、次の事項に留意して取り組むよう努めなければならない。
 (1)子どもの最善の利益を考慮し、人権に配慮した保育を行うためには、職員一人一人の倫理観、人間性並びに保育所職員としての職務及び責任の理解と自覚が基盤となること。
 (2)保育所全体の保育の質の向上を図るため、職員一人一人が、保育実践や研修などを通じて保育の専門性などを高めるとともに、保育実践や保育の内容に関する職員の共通理解を図り、協働性を高めていくこと。

2016/04/04 09:06
ID : promcxmss
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。