過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第11520問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、「保育所保育指針」第4章「保育の計画及び評価」の(3)「指導計画の作成上、特に留意すべき事項」の一部である。( A )~( D )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

子どもの生活の( A )を踏まえ、家庭及び地域社会と連携して保育が展開されるよう配慮すること。その際、家庭や( B )及び団体の協力を得て、( C )の自然、人材、行事、施設等の資源を積極的に活用し、豊かな( D )を始め保育内容の充実が図られるよう配慮すること。
   1 .
A連続性  B地域の機関  C地域   D生活体験
   2 .
A充実   B地域の機関  C保育所  D活動
   3 .
A計画性  B他の保育所  C地域   D活動
   4 .
A連続性  B保育者    C保育所  D遊び
   5 .
A計画性  B保育者    C地域   D生活体験
※ 「保育所保育指針」の目次や記載内容等が、指針の改定(平成30年4月1日施行)により変更されました。
この設問は平成23年に出題された設問となります。
参考1   参考2
( 保育士試験 平成23年(2011年) 保育原理 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
12
評価しない
正解は1です。
保育所保育指針4章の1の2には、下記のとおり記載されています。

「指導計画の作成に当たっては、次の事項に留意しなければならない。
(ア)保育課程に基づき、子どもの生活や発達を見通した長期的な指導計画と、それに関連しながら、より具体的な子どもの日々の生活に即した短期的な指導計画を作成し、保育が適切に展開されるようにすること。
(イ)子ども一人一人の発達過程や状況を十分に踏まえること。
(ウ)保育所の生活における子どもの発達過程を見通し、生活の連続性、季節の変化などを考慮し、子どもの実態に即した具体的なねらい及び内容を設定すること。
(エ)具体的なねらいが達成されるよう、子どもの生活する姿や発想を大切にして適切な環境を構成し、子どもが主体的に活動できるようにすること。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
正解…「1」
子どもたちは日常生活の中で地域の自然に触れたり、社会の文化や伝統に触れる機会が少なくなっている。保育士が日常から家庭や地域と連携を深め、子どもへの環境づくりを心がける。子供の家庭や地域社会を含めた社会全体を視野に入れながら、子どもの状況を把握し、必要な経験とふさわしい環境の構成を考え指導計画を作成していく。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は1です。

平成30年に改定された「保育所保育指針」では、
「保育の計画及び評価」は、
「第1章総則 3」に当たりますが、
問題文の記載はありません。

子どもの生活は、(A:連続性)があり、
家庭や地域社会と連携した保育が
展開されるように配慮が必要です。
家庭や(B:地域の機関)・団体の協力を得て、
(C:地域)の自然・人材・行事・施設等を
積極的に活用し、
豊かな(D:生活体験)をはじめ
保育内容が充実するよう配慮します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。