過去問.com

保育士試験 平成23年度(2011年) 保育実習理論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文を「保育所保育指針」第3章「保育の内容」の記述として完成させる場合、( A )~( C )の語句が正しいものを○、誤ったものを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

「(A 保育)」とは、子どもが健やかに成長し、その活動がより豊かに展開されるための発達の援助であり、「健康」、「人間関係」、「環境」、「言葉」及び「表現」の5領域から構成される。この5領域並びに「生命の保持」及び「(B 精神)の安定」に関わる保育の内容は、子どもの生活や遊びを通して相互に関連を持ちながら、(C 個別的)に展開されるものである。

 1 . 
A○  B○  C○
 2 . 
A○  B○  C×
 3 . 
A○  B×  C○
 4 . 
A×  B×  C○
 5 . 
A×  B×  C×
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
6

正解は5です。

A × 保育ではなく「教育」です。

B × 精神ではなく「情緒」です。

C × 個別的ではなく「総合的」です。

保育所の保育の基本は「養護」と「教育」にあり、「養護」は「生命の維持」と「情緒の安定」、「教育」は「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」の5領域からなることを覚えておきましょう。

2015/03/05 15:47
ID : qbkbkyvwno
3

正解は5です。

保育所保育指針の保育の内容では、下記のとおり記載されています。
『「教育」とは、子どもが健やかに成長し、その活動がより豊かに展開されるための発達の援助であり、「健康」、「人間関係」、「環境」、「言葉」及び「表現」の五領域から構成される。この五領域並びに「生命の保持」及び「情緒の安定」に関わる保育の内容は、子どもの生活や遊びを通して相互に関連を持ちながら、総合的に展開されるものである。』

2016/04/05 17:35
ID : promcxmss
0

正解は【5】です。

A:× 保育⇒教育です。
B:× 精神⇒情緒です。
C:× 個別的⇒総合的です。

保育所保育指針のなかで、保育内容は下記のように明記されています。

『「教育」とは、子どもが健やかに成長し、その活動がより豊かに展開されるための発達の援助であり、「健康」、「人間関係」、「環境」、「言葉」及び「表現」の五領域から構成される。この五領域並びに「生命の保持」及び「情緒の安定」に関わる保育の内容は、子どもの生活や遊びを通して相互に関連を持ちながら、総合的に展開されるものである。』

2016/09/04 15:28
ID : qmbgxfyaa
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。