過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17637問」を出題

問題

[ 設定等 ]
保育所における保育士は、「児童福祉法」第18条の4の規定を踏まえ、保育所の役割及び機能が適切に発揮されるように、倫理観に裏付けられた専門的知識、技術及び判断をもって、子どもを保育するとともに、子どもの保護者に対する保育に関する指導を行うものである。次の文のうち、「児童福祉法」第18条の4の記述として正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
次の各号のいずれかに該当する者は、保育士となる資格を有する。
一 厚生労働大臣の指定する保育士を養成する学校その他の施設(以下「指定保育士養成施設」という。)を卒業した者
二 保育士試験に合格した者
   2 .
この法律で、保育士とは、第18条の18第1項の登録を受け、保育士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもつて、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者をいう。
   3 .
保育士は、保育士の信用を傷つけるような行為をしてはならない。
   4 .
保育士でない者は、保育士又はこれに紛らわしい名称を使用してはならない。
   5 .
保育士となる資格を有する者が保育士となるには、保育士登録簿に、氏名、生年月日その他厚生労働省令で定める事項の登録を受けなければならない。
( 保育士試験 平成26年(2014年) 保育原理 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
28
評価しない
児童福祉法も保育所保育指針同様に出題傾向の高い法律となっております。

今回の問題は児童福祉法18条の4~24まで保育士についての記載です。

ここまで深く読み込まなければダメなのか・・・と少し落ち込んだ方も多いのでは?と思います。
この問題は知っているか知らないかの問題だからです。
保育士の資格・信用失墜行為の禁止・名称の使用制限・登録についてはそれぞれ理解しておきましょう。また今回選択肢には出なかった18条4~24の内容も目を通すことをお勧めします。

1.× 18条6 保育士の資格
2.○ 正しい
3.× 18条21信用失墜行為
4.× 18条23名称の使用制限
5.× 18条18登録
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
保育士の資格については、児童福祉法 第1章 第6節 保育士(第18条の4から第18条の24)に規定されています。さらに政令(児童福祉法施行令 第2章 保育士(第4条―第21条) )及び規則(児童福祉法施行規則 第1章の4 保育士(第6条の2―第6条の37) )で詳細が定められています。

各選択肢はいずれも児童福祉法の保育士に関する記述ですが、第18条の4ではまず保育士を定義しており、以後の規定のベースとなるものです。他の選択肢は以下の条文となっています。

1 第18条の6
3 第18条の21
4 第18条の23
5 第18条の18
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は2です。

1.× 18条-6 保育士の資格についての記述です。
2.○ 
3.× 18条-21 保育士の信用失墜の行為についての記述です。
4.× 18条-23 名称の使用制限の記述です。
5.× 18条-18 保育士登録についての記述です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。