過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17648問」を出題

問題

[ 設定等 ]




次の保育所での【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【事例】
3~5歳児の活動に使うために、段ボール・プラスチック・ペットボトル・カンなど、様々な素材を用意することになった。これについて保育士がミーティングを行った際に、保護者にも協力してもらおうという話になり、家庭にある素材を持ってきてほしいという内容の掲示を出すことになった。

【設問】
掲示の内容として、適切な記述を選びなさい。
 1 . 
子どもたちが、どのような活動に関心を持っているかを、具体的に書く。
 2 . 
家庭にある素材について、子どもと保護者で話をしてほしいことを書く。
 3 . 
持ってこない家庭の子どもは、活動に参加させないことを書く。
 4 . 
洗って持ってきて欲しいことや、危険な素材など、具体的な注意を書く。
( 保育士試験 平成26年(2014年) 保育原理 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
6
評価しない
1 適切です。保護者に子どもたちの様子を知ってもらい、関心を高める機会になります。

2 適切です。子どもと保護者との話題が広がるとともに、子どもが保護者から聞いたことを活動の中で生かすなど、活動の深まりにつながります。

3 不適切です。保護者に過剰な負担感を抱かせない範囲での協力を求めるのが適切です。持ってこられない家庭もある可能性を考え、保育所としての対応を決めておく必要があります。

4 適切です。活動を衛生的で安全に行うために必要なことをわかりやすく伝えることが大切です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
保育活動において素材は重要であり牛乳パックや色々な素材を持参してほしいと言う場合は掲示や園のお便りで募集をすることが多くあります。

1.正しい。具体的に活動に関心を持っているか記載することにより関心が高まります。

2.正しい。家にある素材について家族で話す事により保育所での創作活動への期待が高まります。

3.誤り。全ての家庭が用意出来るとは限りません。持って来ない子どもには活動をさせないという書き方は不適切です。

4.正しい。素材によっては危険を伴う物があるため、具体的に書くことにより安全への意識も高まります。

よって選択肢1.2.4が正解となります。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は1、2、4です。

1:○
具体的な興味があることをを掲示することで、より関心が高まります。

2:○ 
家にある素材で制作活動を行うことで、生活物から制作する制作意欲につながり、またリサイクルの気持ちも伝えることができる。

3:×
廃材の収集は保護者の可能な範囲でお願いします。
園でも準備するようにします。
持ってきていない子は出来ないということは不適切です。

4:○
制作活動を衛生的に、安全に行うために必要な準備です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。