過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17658問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、「体罰の禁止及び児童生徒理解に基づく指導の徹底について(通知)」(平成25年3月 文部科学省)の一部である。( A )~( C )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

体罰は、( A )第11条において禁止されており、校長及び教員(以下「教員等」という。)は、児童生徒への指導に当たり、( B )体罰を行ってはならない。体罰は、違法行為であるのみならず、児童生徒の心身に深刻な悪影響を与え、教員等及び学校への信頼を失墜させる行為である。
体罰により正常な倫理観を養うことはできず、むしろ児童生徒に( C )による解決への志向を助長させ、いじめや暴力行為などの連鎖を生む恐れがある。
   1 .
( A )教育基本法  ( B )    いかなる場合も              ( C )力
   2 .
( A )教育基本法  ( B )保護者が了解している場合を除き  ( C )話し合い
   3 .
( A )学校教育法  ( B )保護者が了解している場合を除き  ( C )話し合い
   4 .
( A )学校教育法  ( B )保護者が了解している場合を除き  ( C )力
   5 .
( A )学校教育法  ( B )    いかなる場合も              ( C )力
( 保育士試験 平成26年(2014年) 教育原理 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
23
評価しない
 通知の「1 体罰の禁止及び懲戒について」冒頭の記述です。
 同年、「体罰に係る実態把握(第2次報告)の結果について」を踏まえて、「体罰根絶に向けた取組の徹底について(通知)」も発出されています。

 体罰の禁止については繰り返し通知等が出されてきましたが、部活動中の体罰が背景と考えられる自殺事案の発生などを機に、実態調査が行われ、平成25年、通知が発出されました。体罰の解釈をめぐり、異なる意見を持つ人がいるとしても、教育の場においては最大限の配慮で体罰を排除することが求められています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解は5です。

体罰は学校教育法第十一条(「校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、文部科学大臣の定めるところにより、児童、生徒及び学生に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない。」)により禁止されています。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は5です。
 体罰の禁止及び懲戒についての記述です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。