過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17664問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、「児童福祉法」第47条第3項に規定された児童福祉施設の長の親権等に関する記述である。適切な記述を一つ選びなさい。
 1 . 
入所中の児童への監護、教育及び懲戒に関し、その児童等の福祉のため必要な措置をとることができる。
 2 . 
入所中の児童への監護及び教育に関し、その児童等の福祉のため必要な措置をとることができるが、懲戒に関する措置はとることができない。
 3 . 
入所中の児童への監護に関し、その児童等の福祉のため必要な措置をとることができるが、教育及び懲戒に関する措置はとることができない。
 4 . 
入所中の児童への教育に関し、その児童等の福祉のため必要な措置をとることができるが、監護及び懲戒に関する措置はとることができない。
 5 . 
入所中の児童への監護、教育及び懲戒に関する措置はとることができない。
( 保育士試験 平成26年(2014年) 社会的養護 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
39
評価しない
「児童福祉法」第47条第3項の条文は、

児童福祉施設の長、その住居において養育を行う第六条の三第八項に規定する厚生労働省令で定める者又は里親は、入所中又は受託中の児童等で親権を行う者又は未成年後見人のあるものについても、監護、教育及び懲戒に関し、その児童等の福祉のため必要な措置をとることができる。

です。

この問題のキーワードは、監護・教育・懲戒 です。すべて該当する1が正解となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
25
評価しない
児童福祉法 第47条(児童福祉施設の長の親権等)によると、
3 児童福祉施設の長その住居において養育を行う第6条3第8項に規定する厚生労働省令で定める者又は里親は入所中又は受託中の児童等で親権を行う者又は未成年後見人のあるものについても監護及び懲戒に関して、その児童等の福祉のため必要な措置をとることが出来る。

と記載されています。
選択肢は入所中の児童への監護・教育及び懲戒のいずれかがバラバラになって出題されており非常に間違えやすく混同する問題となっています。
施設長の親権等は「監護・教育及び懲戒」と覚えておけば答えが導き出せると思います。
よって選択肢1が正解となっています。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は1です。

児童福祉法第47条第3項には、「児童福祉施設の長、その住居において養育を行う第六条の三第八項に規定する厚生労働省令で定める者又は里親は、入所中又は受託中の児童等で親権を行う者又は未成年後見人のあるものについても、監護、教育及び懲戒に関し、その児童等の福祉のため必要な措置をとることができる。」とあります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。