過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17679問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、保育サービスに関する記述である。誤ったものを一つ選びなさい。
 1 . 
認定こども園とは、平成18年に制度化されたもので、その目的は、教育および保育を一体的に提供すること、地域における子育て支援を行うことである。
 2 . 
「保育所保育指針」は、当時の「児童福祉施設最低基準」第35条に基づき平成20年に告示された。
 3 . 
特定保育事業とは、パートタイム勤務や育児短時間勤務等、保護者の就労形態が多様化している中で、働き方に応じた保育として保育所において児童を一定程度(1か月当たり概ね64時間以上)継続的に保育する事業である。
 4 . 
病児・病後児保育事業は、「病児・病後児保育事業実施要綱」によると、病児対応型、病後児対応型、体調不良児対応型、非施設型(訪問型)の4類型となっている。
 5 . 
保育所の設備・運営は、「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」(昭和23年厚生省令第63号)に基づいており、保育室等の施設や必要な職員、保育時間や保育料以外の利用料等について、条例の策定主体である自治体にとってすべて「従うべき基準」として定められている。
( 保育士試験 平成26年(2014年) 児童家庭福祉 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
32
評価しない
1 正しい記述です。
2 正しい記述です。
3 正しい記述です。
4 正しい記述です。

5 誤った記述です。
 人員配置基準、居室面積基準、人権に直結する運営基準については「従うべき基準」、保育時間や保育料以外の利用料等については「参酌すべき基準」とされています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解は5です。

都道府県が条例を定めるにあたっては、更生労働省令で定める基準に「従うべき基準」と「参酌すべき基準」とがあります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。