過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17682問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、障害児を対象とした福祉に関する記述である。適切な記述を選びなさい。
 1 . 
児童発達支援センターへの入所措置は、障害程度区分に基づき行われる。
 2 . 
「児童福祉法」による障害児の定義には、難病等の児童(治療方法が確立していない疾病その他の特殊の疾病であって「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」第4条第1項の政令で定めるものによる障害の程度が同項の厚生労働大臣が定める程度である児童)は含まれない。
 3 . 
放課後等デイサービスとは、「学校教育法」第1条に規定する学校(幼稚園及び大学を除く)に就学している障害児につき、授業の終了後又は休業日に、生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流の促進その他の便宜を供与することである。
 4 . 
障害児通所支援は、児童発達支援、医療型児童発達支援の2事業から構成されている。
 5 . 
障害児等へ支援を行う児童福祉施設の施設体系は、「児童福祉法」の改正(平成24年4月施行)により、障害種別に分かれた施設体系から、通所による支援(障害児通所支援)と、入所による支援(障害児入所支援)の利用形態別に一元化された。
( 保育士試験 平成26年(2014年) 児童家庭福祉 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
24
評価しない
1 不適切

 児童発達支援センターは措置制度ではなく、原則として契約による利用となります。

2 不適切

×含まれない → ○含まれる

児童福祉法第四条第二項により、障害児の定義が次のように定義されています。

 この法律で、障害児とは、身体に障害のある児童、知的障害のある児童、精神に障害のある児童(発達障害者支援法 (平成十六年法律第百六十七号)第二条第二項 に規定する発達障害児を含む。)又は治療方法が確立していない疾病その他の特殊の疾病であつて障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律 (平成十七年法律第百二十三号)第四条第一項 の政令で定めるものによる障害の程度が同項 の厚生労働大臣が定める程度である児童をいう。

3 適切

4 不適切

  ×児童発達支援、医療型児童発達支援の2事業 
→ ○児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイサービス及び保育所等訪問支援の4事業

児童福祉法第六条の二の二により、障害児通所支援について、次のように定義されています。
 この法律で、障害児通所支援とは、児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイサービス及び保育所等訪問支援をいい、障害児通所支援事業とは、障害児通所支援を行う事業をいう。

5 適切
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
適切な記述は、3と5です。

1が×…児童発達支援センターは、障害児通所施設の一つでる児童発達支援の1類型で、措置による入所ではなく、利用にあたっては居住地の市区町村に利用申請を行います。

2が×…「児童福祉法」において、「この法律で、障害児とは、身体に障害のある児童、知的障害のある児童、精神に障害のある児童又は治療方法が確立していない疾病その他の特殊の疾病であつて障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律の政令で定めるものによる障害の程度が同項 の厚生労働大臣が定める程度である児童をいう。」と規定されており、障害児の規定に難病等の児童が含まれています。

4が×…障害児通所支援とは、児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイサービス、保育所等訪問支援を指しています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。