過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17689問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の保育所での【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【事例】
母親Xさんの第一子であるY君は、1か月前に1歳児クラスに入所してきた。1歳6か月健診の際に保健師からY君の言葉の遅れを指摘されショックを受けたXさんは、2歳近くになっても言葉が少なく気になると担当保育士に相談した。Y君が同じ年齢の他の子どもと比べて、遊びに集中せず興味が転々と変わり、他の子どものおもちゃが欲しいときは言葉で表現できないためか、いきなりおもちゃを奪い取りいつもトラブルになってしまうと、Xさんは涙ぐんで話した。

【設問】
この【事例】における保育士の対応として、適切な記述を選びなさい。
 1 . 
Xさんが保健師の言葉にショックを受けたと話したことから、再度保健師に相談する必要はないと助言した。
 2 . 
Xさんが日常の中でどのようなY君の姿に不安を感じているのか、ゆっくり話を聴いた。
 3 . 
Xさんと共にこの1か月間のY君の変化を確認した。
 4 . 
XさんのY君への関わり方の問題点を指摘し、Y君への療育内容について指導した。
( 保育士試験 平成26年(2014年) 児童家庭福祉 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
10
評価しない
1 不適切

 健診の限られた時間で専門家から指摘を受けたために動揺している母親にとって、日頃接している保育士はより相談しやすい立場にあると考えられます。保育士は、保健師の専門家としての見立てと、母親の気持ちとの双方を理解しうる立場にあるので、母親の気持ちを受け止めながら、必要な情報を適切に伝えることが期待されます。

2 適切

3 適切

4 不適切

 子どもの発達上の問題が、そのまま保護者の関わり方の問題であるとするのは、非常に短絡的な見方であり、それによって母親の関わり方を問題視して指摘することは不信感を強めることにもなりかねず、適切ではありません。1,2歳の言葉の発達には個人差が大きく、また、言葉の遅れがある場合にもさまざまな要因があることを踏まえた対処が必要です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
適切な記述は、2,3です。

1が×…保育士の個人的かつ感情的な助言は不適切です。保健師は心身の保健面から保護者支援を行う専門職員であることを保育士が認識しなければなりません。適切な相談支援及び他機関との連携を行う時の資料とするため、保育所内ではY君の様子を丁寧に観察して記録に残します。

4が×…Xさんの子育てを保育士の倫理観や価値観に基づいて批判・否定することは不適切です。保育士の保育指導は、養育力の向上を目指して行うものであり、Xさんが自信をもって子育てができるように支援しなければなりません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。