過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17693問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、児童家庭福祉の統計に関する記述である。適切な記述を選びなさい。
   1 .
児童虐待の相談件数は、「全国の児童相談所における児童虐待に関する相談件数の推移」(厚生労働省大臣官房統計情報部)によると、2000(平成12)年の「児童虐待の防止等に関する法律」施行以降その伸びは止まり、近年は横ばいとなっている。
   2 .
日本の保育、児童手当などの家族関係の社会支出の対GDP比は先進諸国の中では低く、フランスやスウェーデンなどに比べて3分の1程度の規模にとどまっている。
   3 .
夫婦の出生児数は、1950年代は3人を上回っていたが、2010年には、2人を下回っている。
   4 .
日本の合計特殊出生率は低く、人口置換水準を顕著に下回っており、人口減少の要因の一つとなっている。
( 保育士試験 平成26年(2014年) 社会福祉 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
25
評価しない
1.誤り。児童虐待は年々増加しています。平成12年18804件、平成13年24792件、平成17年34297件(受付数)となっています。

2.正しい。説明文の通り正しいです。

3.正しい。説明文の通り正しいです。

4.正しい。合計特殊出生率とは一人の女性が生涯に何人の子供を産むかあらわす数値です。
平成24年は1.41です。
人口の維持に必要な人口置換率は約2.1となっています。

よって選択肢2.3.4が正解となっています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
1 不適切

 2000(平成12)年に17,725件だった児童虐待の相談件数は増加を続けており、2013(平成25)年に73,802件となっています。
 相談件数の増加の理由は、事案そのものの深刻化だけでなく、法律の施行や改正により社会の関心が高まったこと、行政等の関与する仕組みが整備されてきたこと等により事例が顕在化しやすくなったことも大きく影響しています。

2 適切

3 適切

4 適切
評価後のアイコン
評価する
9
評価しない
1→児童虐待相談数は平成2年から年々増加しており、近年減ったり横ばいになった年はありません。平成25年度は最多の73765件です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。