過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17733問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、乳幼児突然死症候群に関する記述である。適切な記述を選びなさい。
 1 . 
乳幼児突然死症候群は、主に1歳以上2歳未満の子どもにみられる。
 2 . 
乳幼児突然死症候群は、睡眠中の原因不明の窒息が死亡原因である。
 3 . 
乳幼児突然死症候群は、睡眠中に呼吸運動の低下がおこった場合、それに抗するための覚醒反応の低下があるとされている。
 4 . 
乳幼児突然死症候群を診断するためには解剖所見が必要である。
 5 . 
乳幼児突然死症候群は、夜間に限って睡眠中に生じる疾患である。
( 保育士試験 平成26年(2014年) 子どもの保健 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
10
評価しない
適切な記述は、3,4です。

1が×…乳幼児突然死症候群は、原則として1歳未満の児にみられ、特に生後2か月から6か月に多いとされています。

2が×…乳幼児突然死症候群は、主として睡眠中に発症しますが、原因として事故や虐待、窒息などの外因を除外したものであり、原因不明の突然死です。

5が×…乳幼児突然死症候群は、夜間に限らず、睡眠中に起こります。早朝から午前中に多いとされています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
乳幼児突然死症候群は、なんの前触れもなく乳児が睡眠中になくなってしまう病気です。
仰向けで寝かせるなどの対応がありますが詳しい原因はわかっていません。
「うつぶせ寝」「人工栄養」「両親の喫煙」がリスクとしてあげられています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。