過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17747問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、乳幼児にみられる症状や病気・けがとその看護に関する記述である。適切な記述を一つ選びなさい。
   1 .
発疹をともなう感染症としては、はしか、風疹、おたふくかぜ、水ぼうそうなどがある。
   2 .
高熱時には、部屋を十分暖め、厚着をさせて、解熱するまで身体が冷えないようにする。
   3 .
すり傷、切り傷など小さな傷を負ったら、まず、清潔なガーゼなどをあて、ばんそうこうで止める。
   4 .
やけどで、衣服が皮膚に付いている場合は、脱がせてから水などで十分冷やす。
   5 .
アトピー性皮膚炎のかゆみが出た場合には、まず濡らしたタオルや保冷剤で患部を冷やす。
( 保育士試験 平成26年(2014年) 子どもの保健 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
20
評価しない
1→おたふくかぜについては発疹はみられません。

2→部屋は20℃前後に保ち、額や脇を冷やしてからだが自然に解熱できるようにしましょう。

3→まずは消毒をし、必要であれば絆創膏などで処置を行います。

4→衣服をぬがすとやけどをした部位がはがれて細菌感染につながります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
適切な記述は、5です。

1が×…おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)耳下腺、顎下腺、舌下腺の腫脹がみられるウイルス性の病気で、通常は発疹はみられません。


2が×…高熱時は衣類を調節し、氷枕などで体温を下げるようにします。厚着や部屋を暖める必要はありません。

3が×…まず傷口を流水で洗い、傷口の周囲を消毒します。出血がある場合はガーゼなどを当て、直接圧迫します。

4が×…衣類は無理に脱がさず、熱傷の部分をこすって傷つけたり、水泡をつぶしたりしないように気をつけ、着衣のまま流水をかけたり氷につけたりして、患部を十分に冷やします。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は5です。

1 × 不適切です。
発疹をともなう感染症としては、はしか、風疹、水ぼうそう、手足口病やヘルパンギーナ、などがあります。
「おたふくかぜ」は発疹をともないません。

2 × 不適切です。
高熱時には、部屋を十分暖め、厚着をさせる必要はありません。
季節にあった適温で、衣服は汗かいたら着替えるなどします。

3 × 不適切です。
すり傷、切り傷など小さな傷を負ったら、まず、流水などで清潔にすることが必要です。
その後、傷の程度によって、清潔なガーゼなどをあてたり、ばんそうこうで止めたりします。

4 × 不適切です。
やけどで、衣服が皮膚に付いている場合は、脱がせるのではなく、そのまま衣服の上から水などで十分冷やします。
脱がせることで傷を大きくする可能性があります。

5 〇 適切です。
アトピー性皮膚炎のかゆみが出た場合には、まず濡らしたタオルや保冷剤で患部を冷やします。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。