過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17754問」を出題

問題

[ 設定等 ]




次の文は、母乳栄養の留意点に関する記述である。適切な記述を選びなさい。
 1 . 
母乳栄養児において、母乳性黄疸がみられる場合がある。
 2 . 
特発性乳児ビタミンK欠乏症(頭蓋内出血)は、ビタミンKの不足によって起こることが知られており、原因として母乳中のビタミンK含量が低いことなどがあげられる。
 3 . 
妊娠・授乳中の喫煙、受動喫煙、飲酒は、胎児や乳児の発育、母乳分泌にも影響を与える。
 4 . 
母親がウイルスによる感染症にかかっている場合、母乳を介して乳児にも感染する可能性がある。
( 保育士試験 平成26年(2014年) 子どもの食と栄養 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
12
評価しない
1、2、3は基本です。

4→HIV及び成人T細胞白血病ウイルスは母乳を介して赤ちゃんに感染する可能性があるとされています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
1.正しい。母乳性黄疸とは、母乳児において育てられた新生児に見られることがありますが良性の黄疸です。特別な治療は無いそうです。

2.正しい。ビタミンKが欠乏して頭蓋内出血を起こします。現在では、出生後ビタミンKの内服が進められています。頭蓋内の出血の予後は後遺症なし・障害が残る可能性もあるとの報告です。

3.正しい。喫煙・飲酒は低体重児や様々な影響が出てきます。

4.正しい。厚生労働省の報告によると、成人T細胞白血病・リンパ腫で主に母親から子供への母乳を介した母子感染が経路となっています。

よって、全て正しい答えとなります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は1,2,3,4です。

1 〇 適切です。
1 . 母乳栄養児において、母乳性黄疸がみられる場合があります。

体内のビリルビンの量が過剰になると皮膚・目などに沈着して、黄色く見えるようになります。

2 〇 適切です。
特発性乳児ビタミンK欠乏症(頭蓋内出血)は、ビタミンKの不足によって起こることが知られており、原因として母乳中のビタミンK含量が低いことなどがあげられます。

産院や健診等では、ビタミンK製剤(ビタミンK2シロップ剤)の投与が行われます。

3 〇 適切です。
妊娠・授乳中の喫煙、受動喫煙、飲酒は、胎児や乳児の発育、母乳分泌にも影響を与えます。

4 〇 適切です。
母親がウイルスによる感染症にかかっている場合、母乳を介して乳児にも感染する可能性があります。

母乳感染以外にも「胎内感染」「産道感染」があります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。