過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17755問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、乳児期の消化に関する記述である。( A )~( E )にあてはまる語句を【語群】から選択した場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

唾液中に含まれる唾液アミラーゼ(プチアリン)は、( A )を( B )や( C )などに分解する酵素である。出生直後は唾液の分泌も少なく、酵素活性も低い。また膵液中の膵アミラーゼの活性も、出生時は低いが、その後次第に上昇するので、( A )を与えるのは離乳開始頃からが適切である。
小腸粘膜の消化酵素であるラクターゼは、乳糖を( D )と( E )に分解する酵素である。消化された乳糖は、乳児のエネルギー源などに利用される。

【語群】
ア  たんぱく質
イ  脂質
ウ  でんぷん
エ  グリセリン
オ  脂肪酸
カ  デキストリン
キ  ペプチド
ク  アミノ酸
ケ  ショ糖
コ  麦芽糖
サ  ブドウ糖(グルコース)
シ  ガラクトース
ス  果糖
 1 . 
( A )ア  ( B )エ  ( C )オ  ( D )コ  ( E )サ
 2 . 
( A )ア  ( B )キ  ( C )ク  ( D )ケ  ( E )コ
 3 . 
( A )イ  ( B )エ  ( C )オ  ( D )サ  ( E )ス
 4 . 
( A )ウ  ( B )カ  ( C )コ  ( D )サ  ( E )シ
 5 . 
( A )ウ  ( B )ケ  ( C )コ  ( D )シ  ( E )ス
( 保育士試験 平成26年(2014年) 子どもの食と栄養 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
15
評価しない
アミラーゼとでんぷんはセットで覚えておきましょう。

口での消化、胃での消化、小腸での消化を区別して覚えておくとよいです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
小児栄養はとにかく覚える栄養素が細かくあり、一苦労される科目だと思います。
グルコース=ブドウ糖、マルトース=麦芽糖などもあるので大変かと思いますが、過去問題を参考にしながら出題ポイントを押さえて確認していきましょう。

アミラーゼは、膵液や唾液に含まれる消化酵素です。
でんぷんの中のアミロースやアミロペクチンを単糖類であるマルトースやオリゴ糖に変換する酵素群です。
ラクターゼは、小腸の腸絨毛に多く存在します。ガラクトースとグルコースに加水分解するグリコシドヒドロラーです。

以上により、A(でんぷん)B(デキストリン)C(麦芽糖)D(ブドウ糖)E(ガラクトース)となり、選択肢4が正解となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。