過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17758問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、幼児期のむし歯(う歯)と食生活に関する記述である。適切な記述を選びなさい。
   1 .
幼児期は、そしゃく機能を完成させる大切な時期なので、むし歯のない歯を保つことは重要である。
   2 .
「平成23年歯科疾患実態調査」によると、5歳において、乳歯にう歯を持つ者の割合は、年々減少傾向にある。
   3 .
むし歯を防ぐためには、砂糖を多く使用した間食を少なくするとともに、食後の口すすぎ、歯みがきを励行するよう心がける。
   4 .
砂糖は、1g あたり約4kcal のエネルギーを供給する糖質性エネルギー源であるが、頻回の摂取はむし歯の原因となりやすい。
( 保育士試験 平成26年(2014年) 子どもの食と栄養 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
11
評価しない
幼児期は生涯における咀嚼機能を完成させる大切な時期でもありますので、虫歯を防ぐために、うがい・歯磨き・仕上げ磨きなどを行ったり、予防歯科などでフッ素塗布をしてもらうことも効果的です。

平成17年は虫歯の子どもが60.5%いましたが、平成23年には50%へと年々減少しています。
砂糖を含めた甘味・飲料は虫歯の原因となりやすいので、適量摂取をしましょう。

すべて正しい答えとなります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
虫歯のないよう、園でも指導が必要です。
最近ではフッ素をむって予防を徹底している方もおおくらっしゃいます。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は1,2,3,4です。

1 〇 適切です。
幼児期は、そしゃく機能を完成させる大切な時期なので、むし歯のない歯を保つことは重要です。

2 〇 適切です。
「平成23年歯科疾患実態調査」によると、5歳において、乳歯にう歯を持つ者の割合は、年々減少傾向にあります。

「平成28年」にも報告されています。

3 〇 適切です。
むし歯を防ぐためには、砂糖を多く使用した間食を少なくするとともに、食後の口すすぎ、歯みがきを励行するよう心がけます。

4 〇 適切です。
砂糖は、1g あたり約4kcal のエネルギーを供給する糖質性エネルギー源であるが、頻回の摂取はむし歯の原因となりやすいです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。