過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17769問」を出題

問題

[ 設定等 ]




次の文は、障害のある子どもに対する食事調理における配慮に関する記述である。適切な記述を選びなさい。
 1 . 
食べる機能に障害を伴う場合は、適正な栄養管理とともに、食べやすく摂取しやすい状態に調理した食事を提供する。
 2 . 
嚥下が上手にできないと、飲み込みにくい、喉につまりやすい、むせやすいなどの症状がでる場合があるので、個々の状態に合わせて調理する。
 3 . 
食べものを飲み込みやすく調整するために、調理に使用する食品として、くず粉や寒天などがある。
 4 . 
かぼちゃ、じゃがいもなどは、よく煮てから、食べる機能に合わせて、ペースト状やマッシュ状にすると、飲み込みやすい。
( 保育士試験 平成26年(2014年) 子どもの食と栄養 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない
すべて正解です。
アレルギーと同様、食べる機能に障害があるこどもには一人一人に合った配慮が必要となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
食事摂取について障害のある子どもに対する配慮事項の問題です。

食事摂取については、噛む・吸う・飲むという一連の動作に機能低下がみられる事が多くあります。
また、食べることへのこだわりも強く見られることがあります。
常食・軟食・ペースト食・嚥下食など、状態に合わせて変えていく必要があります。
施設の場合は、介護側と栄養側が情報共有をしながら連携していくことが必要です。

よって、選択肢1.2.3.4が正解となります。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1→正解です。
可能な限り普通食に近い状態にし、障がいの程度に合わせて調理しましょう。

2→正解です。
調理方法に気を使いながらも、目で楽しむ食事という点の配慮も必要です。

3→正解です。
他にもゼラチンや片栗粉が挙げられます。

4→正解です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。