過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17785問」を出題

問題

[ 設定等 ]




次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【事例】
2歳児クラスのPちゃんは最近語彙が増えて、たくさんお話をするようになった。今日は担当保育士Qに対して、「バチュ バチュ のったよ ママと」と話してくれた。保育士Qは、Pちゃんの成長をとてもうれしく思った。さらによりよいコミュニケーションを図り、また同時に、言葉の発達を促すために、保育士としての関わりを考えている。

【設問】
保育士の関わりとして適切なものを選びなさい。
 1 . 
「バチュ バチュ のったのね ママと よかったね」とPちゃんに言葉をかえす。
 2 . 
発音の間違いをPちゃんに指摘し気付かせ、すぐに言いなおしをさせる。
 3 . 
「バス バス のったのね ママと よかったね」とPちゃんに言葉をかえす。
( 保育士試験 平成26年(2014年) 保育実習理論 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
4
評価しない
言葉の発達が未熟な幼児は頻繁に間違った言葉遣いをします。
しかし、保育士が同じように間違った言葉づかいをすること、またすぐに間違いを指摘することは子どもの自信を奪うこととなり、さらなる対話、コミュニケーション能力の発達にはよくありません。
正しいことばを保育士が使ってみせ、子ども自身に間違いに気づかせることが大切です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1→誤りです。
自然な言葉の発達を促すためには、保育士は常に正しい日本語を使う必要があります。

2→誤りです。
発達には個人差があるので、無理に言い直させる必要はありません。自己肯定感を下げる原因にもなりかねません。

3→正しいです。
正しい日本語で反復しながら、保育士の気持ちも伝えることが、よりよいコミュニケーションへとつながります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
2歳児の事例です。

まだ言葉自体の発達も出来ていない時期への対応ですが、間違いを指摘し気付かせて正しく言い直しをさせることは不適切です。

バスをバチュと表現することは、この時期では多く見られますが、関わる大人(保育士)が自然に正しい言葉を使い、それを何回か繰り返すことにより、正しい言葉遣いへ導くことができます。

以上により、選択肢3が正解となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。