過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第24967問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の【Ⅰ群】の記述と【Ⅱ群】の人物を結びつけた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】
A  伊勢国松坂に鈴屋という書斎をもった。日本の古典研究を通して「もののあはれ」を知ることが重要であると考えた。その共感的な態度のもと、「まづかの学のしなじなは、他よりしひて、それをとはいひがたし、大抵みづから思ひよれる方にまかすべき也」と、学ぶ者の主体性を大事にした。
B  豊後国日田に咸宜園という私塾を開いた。「三奪の法」により、入塾生の年齢、入塾前の修学歴、身分(家柄)の三つを無視し、本人の入塾後の学問への努力に基づく達成度、実力を重視した。「鋭きも鈍きも共に捨てがたし 錐と槌とに使い分けなば」とよみ、門人一人一人の持ち味を尊重しようとした。

【Ⅱ群】
ア  荻生徂徠
イ  本居宣長
ウ  広瀬淡窓
 1 . 
(A)ア   (B)イ
 2 . 
(A)ア   (B)ウ
 3 . 
(A)イ   (B)ア
 4 . 
(A)イ   (B)ウ
 5 . 
(A)ウ   (B)ア
( 保育士試験 平成27年(2015年) 教育原理 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
14
評価しない
もののあはれ=本居宣長。
三奪の方法=広瀬淡窓。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
本居宣長は、源氏物語のなかに書かれている「もののあわれ」を見出し提唱しました。「もののあわれ」とは、日本古来から伝わる情緒的な感覚・感動の世界です。よってAはイです。
豊後国日田(大分県日田市)に咸宜園を開いたのは、儒学者であった広瀬淡窓です。よってBはウです。正解は、4となります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
記述と人物を結びつける問題はキーワードを探して考えましょう。

ア「荻生徂徠(おぎゅう そらい)」
古文辞学・明律国字解

イ「本居宣長(もとおり のりなが)」
もののあわれ・古事記伝

ウ「広瀬淡窓(ひろせ たんそう)」
咸宜園・三奪の法
※適塾の「緒方洪庵(おがた こうあん)」と松下村塾の「吉田松陰(よしだ しょういん)」と私塾は3人セットでおぼえましょう。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。