過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第24998問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、現代の子どもと家庭の状況に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  わが国の子どもの相対的貧困率は、平成24 年には約16%となり、約6~7人に1人が該当する。
B  平成24 年の子どもがいる現役世帯の相対的貧困率は約15%であり、そのうち、ひとり親家庭を含む「大人が1人」の世帯の相対的貧困率は約30%である。
C  日本の6歳未満の子どもを持つ男性の家事・育児時間は、平成22 年には一日平均1 . 07 時間でアメリカやスウェーデンの約3分の1程度となっている。
D  文部科学省は、平成24 年に、通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査を実施し、公表した。
 1 . 
(A)○   (B)○   (C)○   (D)×
 2 . 
(A)○   (B)×   (C)○   (D)○
 3 . 
(A)○   (B)×   (C)×   (D)○
 4 . 
(A)×   (B)○   (C)○   (D)×
 5 . 
(A)×   (B)×   (C)×   (D)○
( 保育士試験 平成27年(2015年) 児童家庭福祉 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
14
評価しない
Aは平成27年度版 子ども・若者白書によると「子どもの相対的貧困率は平成24(2012)年には16.3%となっている。」という記述があるので○です。

Bは、子供がいる現役世帯の相対的貧困率は15.1%であり、そのうち,大人が1人の世帯の相対的貧困率が54.6%であるため、×です。

Cは、「平成28年社会生活基本調査」の結果によると、日本は先進国中最低の水準で、スウェーデンの3分の1程度の数字といえます。そのため○です。

Dは、平成24年に「通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査結果について」という調査を行い公表しています。そのため○です。

以上のことから正解は2です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
解答は2です。

A、◯
 問題文の通りです。

B、×
 厚生労働省から発表された「平成25年調査」に掲載されています。
 ひとり親家庭を含む「大人が1人」の世帯での相対的貧困率は54.6%です。

C、◯
 問題文の通りです。
 現在では男性の育児休暇を認めている企業も多くみられるようになりました。
 厚生労働省発表の「男性の育児休業取得率の推移」グラフによると、男性の育児休業取得率は少しずつ上昇傾向にあり、政府目標として2020年に13%を目標として掲げています。

D、◯
 この調査の目的の1つとして、健常児と様々な障害を抱える児を包括的に教育するインクルーシブ教育システムを構築していくに当たり、現状を把握することが重要である、としています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。