過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25013問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、保育所が相談援助を行う具体的場面に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  相談を受けるには静かな時間とプライバシーを守る環境が必要なので、大多数の保育所では保護者一般に対して、「相談はあらかじめ園長に予約をとって、園長室でお願いします」と案内をしている。
B  個別面談の際、ある保護者が話しづらそうにしてなかなか語り出さないので、保育士は感じ取ったままに「話しづらいですか」と声をかけた。
C  個別面談の際、ある保護者が話しづらそうにしてなかなか語り出さないので、保育士は「今日はやめて、別の日にお話を伺うことにしましょう」と面談を切り上げた。
D  降園の時に、保護者に相談を持ちかけられた際、保育士は「今はどたばたして落ち着かないので、ちょっと無理だわ」と答えて、他の子どもの対応に戻った。
 1 . 
(A)○   (B)○   (C)×   (D)×
 2 . 
(A)○   (B)×   (C)○   (D)○
 3 . 
(A)×   (B)○   (C)×   (D)×
 4 . 
(A)×   (B)×   (C)○   (D)○
 5 . 
(A)×   (B)×   (C)×   (D)○
( 保育士試験 平成27年(2015年) 社会福祉 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
6
評価しない
ここでいう保育所での相談援助は保護者支援の一つともいえます。保育所での保護者支援とは『子どもの保育の専門性を有する保育士が、保育に関する専門知識・技術を背景としながら、保護者が支援を求めている子育ての問題や課題に対して、保護者の気持ちを受止めつつ、安定した親子関係や養育力の向上をめざして行う子どもの養育(保育)に関する相談、助言、行動見本の提示その他の援助業務の総体です。

Aは、保育所は「いつでも相談できる」という受容の姿勢を見せることが保護者の相談しやすさにもつながります。そのため×です。

Bは、保護者の話しづらい雰囲気に対して声を掛けて寄り添うことで保護者の側も話すきっかけをつかんだりできるので○です。

Cは、保護者の側から別日にして欲しいという申し出があったのならともかく、保育所の側から切り上げるというのは保護者からすると相談が拒絶されたとも捉えられ誤解の元となります。これにより×です。

Dは、保護者から相談を受けた際は他の保育士などと連携を取り、他の保育士に児童の対応を代わってもらうなどして相談を受けましょう。その場で対応できない場合なども別日に相談に乗るなどのフォローが大切です。このことから×です。

組み合わせると、3が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
解答は3です。

A、×
 相談を受ける環境として静かな時間やプライバシーの保護は大切ですが、問題文にあるような対応が大多数とは言えません。

B、◯
 相談援助の技術の1つとして、相手の気持ちを汲み取って代弁するというものがあります。
 今回のようにこちらから「話しづらいですか」と言葉がけをすることで相手が話し始めるキッカケになることがあります。

D、×
 問題文のように忙しい時間に相談を受けその場で対応できない場合もあります。
 そのような時には、事情を説明して別の日に相談を受けられるように時間を設けましょう。単に「今は無理」と断ってしまうのは適切ではありません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。