過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25027問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、幼児期の子ども同士で生じる「いざこざ」に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  いざこざの原因には、たたく、ける、ひっぱるといった行為、取り合い、ルール違反、イメージのずれ、不快な言葉などがある。
B  いざこざの原因には、年齢によって明らかな違いがみられ、低年齢のいざこざの原因は、高年齢の子どもにはみられない。
C  いざこざに気づいた時には、どのような場合でも保育士はすぐに仲裁しなければならない。
D  いざこざの解決には年齢差がみられ、高年齢になると子ども同士での解決もできるようになる。
 1 . 
(A)○   (B)○   (C)○   (D)×
 2 . 
(A)○   (B)○   (C)×   (D)○
 3 . 
(A)○   (B)×   (C)×   (D)○
 4 . 
(A)×   (B)×   (C)○   (D)×
 5 . 
(A)×   (B)×   (C)×   (D)○
( 保育士試験 平成27年(2015年) 保育の心理学 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
7
評価しない
Aは幼児同士のいざこざは、押したりたたくなどの身体的なものや、おもちゃなどの取り合い、順番の遊べないなどのルール違反、遊び方などのイメージのずれ、言われて嫌な言葉や汚い言葉を言うなど多様な原因で起こります。そのため○です。

Bは、低年齢のいざこざと高年齢のいざこざでは多少変化があったり複雑化する側面もありますが、低年齢で起こるトラブルは高年齢でも引き続き起こることはあるため×です。

Cは、保育士はすぐに仲裁に入るのではなく状況を見守り、子ども同士で解決した方が良いか仲裁に入るべきか見極め状況に合わせて動いていくことが大切です。

Dは、保育所保育指針にも3歳以上の子どもについて「友達と様々な体験を重ねる中で、してよいことや悪いことが分かり、自分の行動を振り返ったり、友達の気持ちに共感したりし、相手の立場に立って行動するようになる。また、きまりを守る必要性が分かり、自分の気持ちを調整し、友達と折り合いを付けながら、きまりをつくったり、守ったりするようになる。」との記述があり子ども同士で話し合ったり解決できるようになるため○です。

このことから、3が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
解答は3です。

A、◯
 子ども同士の間で生じるいざこざの原因は実に様々です。
 問題文に挙げられているようなものはもちろん、大人にとってはいざこざの原因にならないようなことまで原因となることもあります。

B、×
 年齢によって子ども同士の関わり方にも変化があるためその原因にも変化が生じます。
 ただし、低年齢児同士のいざこざの原因が高年齢児に見られないということはありません。

C、×
 いざこざが生じている子どもの年齢やその原因によって、保育士が仲裁するかどうかを見極めます。
 必ずしも仲裁に入るわけではありません。

D、◯
 子ども同士での解決が可能であると判断した場合にはあえて保育士が間に入らず見守るということもあります。
 子ども同士での解決を経験させることで子どもの成長にもつながります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。