過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25039問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次のうち、心理的環境要因が主な原因と考えられるものとして正しいものを○、誤ったものを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  反応性愛着障害
B  外傷後ストレス障害
C  広汎性発達障害
D  学習障害
E  精神遅滞
 1 . 
(A)○   (B)○   (C)○   (D)×   (E)×
 2 . 
(A)○   (B)○   (C)×   (D)×   (E)×
 3 . 
(A)○   (B)×   (C)○   (D)×   (E)○
 4 . 
(A)×   (B)○   (C)○   (D)×   (E)○
 5 . 
(A)×   (B)×   (C)○   (D)○   (E)○
( 保育士試験 平成27年(2015年) 保育の心理学 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
8
評価しない
Aの反応性愛着障害はひどく不適切な子どもの養育に関係して生じます。心理的身体的虐待、ネグレクトなどで生じるケースも多いため、心理的環境的要因が主な原因といえるため○です。

Bの外傷後ストレス障害は、生死にかかわるような強い恐怖感が記憶に残り、こころの傷(トラウマ)となって何度も思い出され、その当時と同じ恐怖を感じ続けるという病気です。特に大規模な地震や犯罪、虐待の後誰しもが発症する可能性があります。このため、心理的環境的な要因で生じるため○です。

Cの広汎性発達障害とは、「自閉症・アスペルガー症候群など、コミュニケーションに関連する領域に見られる発達障害の総称」のことです。遺伝的要因と環境要因が複雑に影響し合って現れるという説が主流のため、心理的要因は合致していないため、×です。

Dの学習障害(LD)とは、「基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を示すもの」です。発達障害の一部であり、Cと同様に心理的要因は合致しないため×です。

Eの精神遅滞(知的障害)とは「精神の発達が停止あるいは不全の状態で、認知や言語、運動、社会的能力に障害があること」を指します。要因としては、病理的要因、心理的要因、生理的要因などが挙げられます。このため環境的要因は当てはまらないため×です。

このため組み合わせると、2が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
解答は2です。

A、◯
 誰かに甘えたり、頼ることが素直にできず、好意的に接してくれる相手に対しても攻撃的になってしまう特徴があります。
 生まれてすぐの頃の虐待などをキッカケとして、愛着形成ができなかった子どもに多く見られます。

B、◯
 PTSDと呼ばれることもあります。強いストレスを原因として発症します。

C・D、×
 広汎性発達障害も学習障害も生まれつきの障害であり、心理的環境要因によるものではありません。

E、×
 出生前の原因として遺伝子の病気や能形成異常など、出生後の原因として外傷性脳損傷や痙攣性疾患などがあります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。