過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25046問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、乳幼児の発育(成長)・発達やその評価に関する記述である。不適切な記述の組み合わせを一つ選びなさい。

A  1~2歳の子どもで、体重計測時に動いて測れない場合には、大人が抱いて測りその後大人の体重を差し引いてもよい。
B  身体測定で得られた数値の評価の基準となるのは、「乳幼児身体発育値」である。
C  発達は、直線的かつ連続的に進む現象である。
D  発達の評価では、通常、その項目について75%の子どもが可能になる時期までにできるようになれば「正常発達」と考える。
E  通常「はいはい」の後に「つかまりだち」が見られるようになり、逆の場合には運動発達に問題が見られるようになることが多い。
 1 . 
A B C
 2 . 
A D E
 3 . 
B C D
 4 . 
B D E
 5 . 
C D E
( 保育士試験 平成27年(2015年) 子どもの保健 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない
正解 5

A ◯ 問題文の通りで正解です。
1~2歳の子どもの体重計測時に動いて測れない場合、
大人が抱いて測りその後大人の体重を差し引いても、
子どもの体重を測定する事が出来ます。

B ◯ 問題文の通りで正解です。
身体測定で得られた数値の評価基準になるのは、
「乳幼児身体発育値」です。

C × 発達は、連続的ですが必ずしも直線的ではありません。

D × 発達の評価では、その項目について、
90%以上の子どもが行動可能になる時期までに出来るようになれば「正常発達」と考えます。

E × 発達は個人差があるので、「はいはい」と「つかまり立ち」の順番が逆でも、運動発達に問題があるとは限りません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は5です。

A 適切です。

B 適切です。

C 発達は連続的なものですが、直線的とは限りません。

D 発達の評価では、通常、その項目について90%の子どもが可能になる時期までにできるようになれば「正常発達」と考えられます。

E 通常「はいはい」の後に「つかまりだち」が見られると考えられていますが、発達には個人差があるため、その順序が逆になったからといって運動発達に問題があるとは言えません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。