過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25050問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、「保育所保育指針」第5章「健康及び安全」に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  子どもの健康及び安全は、子どもの生命の保持と健やかな生活の基本である。
B  保育所では、一人一人の子どもの健康の保持及び増進並びに安全の確保に努めなければならない。
C  保育所では、子ども集団全体の健康及び安全の確保に努めなければならない。
D  保育所では、子どもの状態を観察し、何らかの疾病が疑われる時は、常に嘱託医に連絡し治療の指示を受けなければならない。
E  保育所では、感染症の発生が疑われる時は、直ちに保健所へ届け出なければならない。
   1 .
(A)○   (B)○   (C)○   (D)○   (E)○
   2 .
(A)○   (B)○   (C)○   (D)×   (E)×
   3 .
(A)×   (B)○   (C)○   (D)○   (E)×
   4 .
(A)×   (B)○   (C)×   (D)○   (E)○
   5 .
(A)×   (B)×   (C)○   (D)○   (E)○
※ 「保育所保育指針」の目次や記載内容等が、指針の改定(平成30年4月1日施行)により変更されました。
この設問は平成27年に出題された設問となります。
参考1   参考2
( 保育士試験 平成27年(2015年) 子どもの保健 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
9
評価しない
正解 2

A ◯ 問題文の通り、「保育所保育指針」の第5章「健康及び安全」には「子どもの健康及び安全は、子どもの生命の保持と健やかな生活の基本であり、保育所においては、一人一人の子どもの健康の保持及び増進並びに安全の確保とともに、保育所の子ども集団全体の健康及び安全の確保に努めなければならない」とあります。

B ◯ Aの解説に記載した様に、
「保育所保育指針」の第5章「健康及び安全」において、記載があります。


C ◯ Aの解説に記載した様に、
「保育所保育指針」の第5章「健康及び安全」において、記載があります。

D × 何らかの疾病が疑われる時は、「常に」ではなく「必要」に応じて嘱託医と連携して対応します。

E × 「直ちに」ではなく、「必要」に応じて嘱託医、市町村、保健所等に連絡します。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は2です。

A 適切です。「保育所保育指針」第5条「健康及び安全」の項目において「子どもの健康及び安全は、子どもの生命の保持と健やかな生活の基本であり、保育所においては、一人一人の子どもの健康の保持及び増進並びに安全の確保とともに、保育所の子ども集団全体の健康及び安全の確保に努めなければならない」と定められています。

B 適切です。


C 適切です。

D 「保育所保育指針」第5条「健康及び安全」の3 疾病等への対応に「保育中に体調不良や傷害が発生した場合には、その子どもの状態等に応じて、保護者に連絡するとともに、適宜、嘱託医や子どものかかりつけ医等と相談し、適切な処置を行うこと。看護師等が配置されている場合には、その専門性を生かした対応を図ること」と規定されています。

E 「保育所保育指針」第5条「健康及び安全」の3 疾病等への対応に「「保育所保育指針」第5条「健康及び安全」の3 疾病等への対応に「感染症やその他の疾病の発生予防に努め、その発生や疑いがある場合には、必要に応じて嘱託医、市町村、保健所等に連絡し、その指示に従うとともに、保護者や全職員に連絡し、協力を求めること。また、感染症に関する保育所の対応方法等について、あらかじめ関係機関の協力を得ておくこと。看護師等が配置されている場合には、その専門性を生かした対応を図ること」と規定されています。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は、2(A・B・C)です。

設問の「保育所保育指針」の内容は、改訂版「保育所保育指針」(平成30年)の「第3章 健康及び安全」に記載されています。

A・B・C ○
 文面通りです。

D ×
 常に、ではなく、子どもの状態に応じて保護者や委託医に連絡し、適切な処置をします。

E ×
 直ちに、ではなく、必要のある場合に保健所や各関係機関等に連絡します。保護者や職員にも連絡し、今後の対応をしていきます。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は、「 2 .(A)○ (B)○ (C)○ (D)× (E)×」です。


A 〇子どもの健康及び安全は、子どもの生命の保持と健やかな生活の基本です。
B 〇保育所では、一人一人の子どもの健康の保持及び増進並びに安全の確保に努めなければなりません。
C 〇保育所では、子ども集団全体の健康及び安全の確保に努めなければなりません。
D × 保育所では、子どもの状態を観察し、何らかの疾病が疑われる時は、必要に応じて嘱託医に連絡し、嘱託医の指示に従って処置をします。
E × 保育所では、感染症の発生が疑われる時は、必要に応じて保健所へ届け出ます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。