過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25073問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、「妊産婦のための食生活指針」(厚生労働省)に関する記述である。

(A)~(D)にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

・ からだづくりの基礎となる(A)は適量を
・(B)を積極的に食べて(C)などを摂取しましょう。特に妊娠を計画していたり、妊娠初期の人には(D)発症リスク低減のために、(C)の栄養機能食品を利用することも勧められます。
 1 . 
(A)「主食」   (B)赤身の肉や魚   (C)葉酸   (D)貧血
 2 . 
(A)「主食」   (B)緑黄色野菜    (C)鉄      (D)神経管閉鎖障害
 3 . 
(A)「主菜」   (B)赤身の肉や魚   (C)鉄    (D)貧血
 4 . 
(A)「主菜」   (B)赤身の肉や魚   (C)葉酸   (D)神経管閉鎖障害
 5 . 
(A)「主菜」   (B)緑黄色野菜      (C)葉酸   (D)神経管閉鎖障害
( 保育士試験 平成27年(2015年) 子どもの食と栄養 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
4
評価しない
正解 5

・「妊産婦のための食生活指針」より
からだづくりの基礎となるのは「主菜」です。


・妊娠前から妊娠初期にブロッコリー、ほうれん草などの葉酸が豊富な緑黄色野菜を摂取する事で神経管閉鎖障害の発症リスクを軽減できるとされています。

よって、正解は5です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は5です。

「妊産婦のための食生活指針」に以下のような内容が記載されています。

・ からだづくりの基礎となる(A主菜)は適量を
・(B緑黄色野菜)を積極的に食べて(C葉酸)などを摂取しましょう。特に妊娠を計画していたり、妊娠初期の人には(D神経管閉鎖障害)発症リスク低減のために、(C葉酸)の栄養機能食品を利用することも勧められます。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は5です。

「妊産婦のための食生活指針」に以下の記述があります。

・ からだづくりの基礎となる(A主菜)は適量を
・(B緑黄色野菜)を積極的に食べて(C葉酸)などを摂取しましょう。特に妊娠を計画していたり、妊娠初期の人には(D神経管閉鎖障害)発症リスク低減のために、(C葉酸)の栄養機能食品を利用することも勧められます。

「妊産婦のための食生活指針」は妊産婦を対象としていますが、妊娠前からの食生活の重要性も挙げられています。食事内容と共に、生活全般、体や心の健康などの9項目から構成されています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。