過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25089問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、「粘土造形」の表現にみられる主な特徴である。これらの表現の変化として早く現れる順に並べた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  芯になるものを使って、見通しをもって意図的に形を作る。
B  粘土を丸めたり伸ばしたりして、団子やヘビなどの名前をつける。
C  粘土をたたいたり、ひきちぎったり、ぐちゃぐちゃにこねたりする。
D  丸めたり伸ばしたりした粘土をくっつけて、複合的な形を作る。
   1 .
A→B→C→D
   2 .
B→A→C→D
   3 .
C→B→D→A
   4 .
C→D→A→B
   5 .
D→C→B→A
( 保育士試験 平成27年(2015年) 保育実習理論 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
5
評価しない
正解 3

子供の粘土造形には年齢や発達に応じた変化があります。
最初は粘土をたたいたり、ひきちぎったり、ぐちゃぐちゃにこねたりといった粘土に触れる感触を自由に楽しみます。
次の段階として、ある程度粘土に形を作り、作ったものに名前をつけるようになってゆきます。
その後、形と作った粘土をくっつけて複合的な形を作るようになり、
最終的に芯になるものを使う等、見通しをもって意図的に作品を作るようになります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は3です。

子どもの造形活動の発達には段階があります。

1もてあそびをする時期
身の回りにある何かをいじる行為に始まり、粘土では引きちぎったり、ぐちゃぐちゃにこねたりしながら、一見無意味に見える行為でもつくる活動の基礎になっています。

2つくってから意味づける時期
意味づけるとはそれが何かを命名することです。粘土で作ったものに対してへびや団子など意味付けをします。

3つくり遊びをする時期
作りたいものへのイメージを持ち、目的をもって制作するようになります。社会性が育つ5歳以降には友達と共同して作品を制作することもできます。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は3です。

子どもの粘土造形は年齢や発達により、作り方や表現の仕方が変わってきます。

始めは粘土をたたいたり、ひきちぎったり、ぐちゃぐちゃにこねたりしながら、感触に慣れ親しんでいきます。
次に、粘土を丸めたり伸ばしたりして、団子やヘビな自分の知っている身近なもののに見立てるようになります。そこから丸めたり伸ばしたりしたものをくっつけて複合的な形を作ったり、芯になるものを使って、見通しをもって意図的に形を作るようになっていきます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。