過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25124問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、平成20年3月に告示された「小学校学習指導要領」に示された小学校の総合的な学習の時間の目標についての記述である。( A )・( B )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

横断的・総合的な学習や探究的な学習を通して、自ら( A )を見付け、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、よりよく問題を解決する資質や能力を育成するとともに、( B )やものの考え方を身に付け、問題の解決や探究活動に主体的、創造的、協同的に取り組む態度を育て、自己の生き方を考えることができるようにする。
 1 . 
(A)解答   (B)知識
 2 . 
(A)解答   (B)学び方
 3 . 
(A)解答   (B)技能
 4 . 
(A)課題   (B)知識
 5 . 
(A)課題   (B)学び方
( 保育士試験 平成28年(2016年)前期 教育原理 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
14
評価しない
正解は 5 です。

小学校学習指導要領
第5章 総合的な学習の時間 第1「目標」に
記述されている通りです。

平成19年の学校教育法の一部改正の影響を受けて、
学習指導要領の改訂がなされ、
「生きる力」を育むことを目指しています。

「生きる力」とは、知・徳・体(確かな学力、豊かな人間性、健康・体力)のバランスがとれた力のことを言います。


各選択肢については、以下の通りです。

(A)「【課題】を見付け」、解決するための
   考え方や能力を養うことが大切です。
   「【解答】を見付け」では、その後の文脈に
   適していません。
   
(B)【知識】や【技能】はどちらも必要ですが、
   どちらかを選択肢として選ぶと
   文脈が不自然になります。

   主体的に学び、考える力を身につけることが
   大切です。
   「【学び方】やものの考え方を身につけ」が
   正解です。


評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は5です。

以下が正しい文章になります。

横断的・総合的な学習や探究的な学習を通して、自ら( A 課題)を見付け、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、よりよく問題を解決する資質や能力を育成するとともに、( B学び方 )やものの考え方を身に付け、問題の解決や探究活動に主体的、創造的、協同的に取り組む態度を育て、自己の生き方を考えることができるようにする。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。