過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25144問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、わが国の子どもや家庭に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  「子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について(第10次報告)」(厚生労働省)では、心中以外の子ども虐待による死亡事例の割合は、1歳~3歳の事例が約半数を占めている。
B  「平成25年 国民生活基礎調査」(厚生労働省)によると、子どもの貧困率は平成24年現在16.3%で、平成15年から少しずつ増加している。
C  「保育所関連状況取りまとめ(平成26年4月1日)」(厚生労働省)によると、全国の保育所待機児童数は平成22年4月1日現在で26,275人だったが、平成26年4月1日現在では21,371人となり、4年連続減少した。
D  「平成26年版男女共同参画白書」によると、「男性雇用者と無職の妻から成る世帯」の割合と「雇用者の共働き世帯」の割合は1990年代に入れ替わり、平成25年現在は「男性雇用者と無職の妻から成る世帯」の割合が少なくなっている。
 1 . 
(A)○  (B)○  (C)○  (D)×
 2 . 
(A)○  (B)○  (C)×  (D)×
 3 . 
(A)○  (B)×  (C)○  (D)○
 4 . 
(A)×  (B)○  (C)○  (D)○
 5 . 
(A)×  (B)○  (C)×  (D)○
( 保育士試験 平成28年(2016年)前期 児童家庭福祉 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
12
評価しない
正解は 4 です。

日本での子どもの虐待や貧困の問題は、
未だ深刻に残っています。
また、共働き家庭の増加に伴い待機児童の問題が出てきましたが、
保育所等の施設や定員の増加等により、待機児童は減少傾向にあります。


選択肢(A)は【×】となりますが、その解説については以下の通りです。

「子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について(第10次報告)」(厚生労働省)を参照すると、

死亡した子どもの年齢は、0歳が22人(43.1%)と最も多く、
0歳から2歳を合わせると32人(62.7%)となっています。

そのため、1歳~3歳の事例が約半数という設問の記述は誤りで、
0歳~2歳の事例が6割を超えるということになります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は4です。

A 「子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について(第10次報告)」によると、心中以外の子ども虐待による死亡事例の割合は、実母に精神疾患があると診断された場合で0歳が37.5%、1歳が15.6%、2歳が9.4%、3歳が6.3%と0歳が最も多いです。

B ~Dは適切な記述です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。