過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25149問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、「児童虐待の防止等に関する法律」における「目的」の一部である。( A )~( C )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

児童虐待が児童の( A )を著しく侵害し、その心身の成長及び人格の形成に重大な影響を与えるとともに、我が国における将来の世代の育成にも懸念を及ぼすことにかんがみ、児童に対する虐待の禁止、児童虐待の予防及び( B )その他の児童虐待の防止に関する国及び地方公共団体の責務、児童虐待を受けた児童の保護及び( C )の支援のための措置等を定めることにより、児童虐待の防止等に関する施策を促進し、もって児童の権利利益の擁護に資することを目的とする。
 1 . 
(A)成長   (B)治療      (C)発達
 2 . 
(A)成長   (B)保護      (C)自立
 3 . 
(A)人権   (B)治療      (C)発達
 4 . 
(A)人権   (B)早期発見  (C)自立
 5 . 
(A)成長   (B)早期発見  (C)発達
( 保育士試験 平成28年(2016年)前期 児童家庭福祉 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
10
評価しない
この法律において、児童虐待とは、保護者が監護、つまり面倒をみている児童(18歳未満)について、暴行を加えたり、わいせつ行為、心身の正常な発達を妨げたりする。つまり最初のAに当てはまる「人権」が当てはまります。Bの「早期発見」は児童虐待の予防及び早期発見を行い、児童の保護者に対する必要な配慮をした適切な指導や支援を行い、良好な家庭環境で生活していくために行います。そしてCは、虐待を受けてしまった児童や保護者に児童相談所関係機関の職員・学校の教職員・児童福祉施設の職員がつき、自立の支援に努めます。よって正解は4になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解:4

児童虐待の防止等に関する法律(平成12年法律第82号)は、児童虐待を防止を目的として制定された法律。一般的に児童虐待防止法と呼ばれています。

その目的は、
『児童虐待が児童の人権を著しく侵害し、その心身の成長及び人格の形成に重大な影響を与えるとともに、我が国における将来の世代の育成にも懸念を及ぼすことにかんがみ、児童に対する虐待の禁止、児童虐待の予防及び早期発見その他の児童虐待の防止に関する国及び地方公共団体の責務、児童虐待を受けた児童の保護及び自立の支援のための措置等を定めることにより、児童虐待の防止等に関する施策を促進し、もって児童の権利利益の擁護に資すること。』
とされています。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
児童虐待の防止に関する法律 (目的) 第一条には下記のように記されています。


『第一条 この法律は、児童虐待が児童の(A人権)を著しく侵害し、その心身の成長及び人格の形成に重大な影響を与えるとともに、我が国における将来の世代の育成にも懸念を及ぼすことにかんがみ、児童に対する虐待の禁止、児童虐待の予防及び(B早期発見)その他の児童虐待の防止に関する国及び地方公共団体の責務、児童虐待を受けた児童の保護及び(C自立)の支援のための措置等を定めることにより、児童虐待の防止等に関する施策を促進し、もって児童の権利利益の擁護に資することを目的とする。』

よって正解の組み合わせは4となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。