過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25152問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、わが国と海外の児童家庭福祉に関する記述である。誤ったものを一つ選びなさい。
   1 .
幼児教育・保育への投資が社会全体に与える経済効果については、学齢期以降での投資より大きいとの研究報告を、ジェームズ・ヘックマン(J.Heckman)氏らがまとめている。
   2 .
わが国の家族関係社会支出の対GDP比(2011年)は、イギリス(3.78%)と同程度である。
   3 .
わが国は、「児童の売買、児童買春及び児童ポルノに関する児童の権利に関する条約の選択議定書」の締約国となっている。
   4 .
平成24年版「厚生労働白書」における年齢層別人口構成比では、15歳未満の割合は先進諸国の中で日本が最も低く13.3%であった。
   5 .
2011年にOECDの事務総長は、雇用と就職能力を促進し、格差を是正するには、人的資本への投資が不可欠であると指摘し、人的投資は幼児期から継続して実施されるべきであることを述べた。
( 保育士試験 平成28年(2016年)前期 児童家庭福祉 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
14
評価しない
正解:2

『家族関係社会支出』とは、家族を支援するための児童手当や就学援助、出産手当などの現金給付及び現物給付(サービス)のことです。
わが国は欧州諸国に比べて低水準であると言われています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
1は○です。
ジェームス・ヘックマンはシカゴ大学の教授で、著書『幼児教育の経済学』の中で、大人になってからの経済状態や生活の質を高める上で、就学前教育が有効であることを述べています。

2は×です。
日本の家族関係社会支出の対GDP比(2011年)は1.36%で、イギリスの3.78%より下回っています。

3は○です。
記述の通りです。

4は○です。
記述の通りです。

5は○です。
OECD のアンヘル・グリア事務総長はスピーチで下記のように述べています。
「雇用と就職能力(エンプロイヤビリティ)を促進し、格差を是正するには、人的資本への 投資が不可欠である。人的投資は幼児期に始め、正規の教育と労働へと継続して実施されなければならない」

よって正解の誤った記述は2となります。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
1→正しいです。
ジェームズ・ヘックマンは、幼児教育ではなく経済学が専門ですが、著書に「幼児教育の経済学」があります。

2→誤りです。
現在も、日本やアメリカはヨーロッパに比べると低い傾向にあります。

3→正しいです。
2000年に国連で採択されました。

4→正しいです。
平成29年10月のデータでも15歳未満の割合は12.3%となっており、過去最低です。

5→正しいです。
現在もOECD事務総長は変わっていないため、考え方も変わっていません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。