過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25164問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、社会福祉の事業に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  少年院を仮退院した後の保護を行う更生保護事業は、社会福祉事業に含まれる。
B  生活協同組合が組合員のために行う事業は、社会福祉事業に含まれる。
C  近隣地域における住民の生活の改善及び向上を図るための隣保事業は、社会福祉事業に含まれる。
D  生計困難者のために、無料又は低額な料金で診療を行う事業は、社会福祉事業に含まれる。
 1 . 
(A)○  (B)○  (C)×  (D)×
 2 . 
(A)○  (B)×  (C)○  (D)×
 3 . 
(A)○  (B)×  (C)×  (D)○
 4 . 
(A)×  (B)○  (C)×  (D)×
 5 . 
(A)×  (B)×  (C)○  (D)○
( 保育士試験 平成28年(2016年)前期 社会福祉 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
7
評価しない
正解:5

A―×
B―×
C―〇
D―〇


『隣保事業』
第2種社会福祉事業として、隣保館等の施設を設け、その近隣地域における福祉に欠けた住民を対象として、無料又は低額な料金でこれを利用させる等、当該住民の生活の改善及び向上を図るための各種の事業を行なうものをいいます。

『生計困難者等に対する利用者負担軽減事業』
介護サービスの利用者のうち、所得が低い方で、一定の要件を満たす方等の利用者負担額(介護サービスにかかる費用の利用者負担、食費・居住費負担等)の一部を助成し、負担を軽減することで、サービスの利用を促進する事業です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
社会福祉事業に関する定義は、社会福祉法第二条に詳細に記載があります。

Aは×です。
更生保護事業は社会福祉事業には含まれません。

Bは×です。
生活協同組合が組合員のために行う事業は、社会福祉事業に含まれません。

Cは○です。
隣保事業は社会福祉事業に含まれます。第二種社会福祉事業となっています。(社会福祉法第二条3の十一に記載があります。)

Dは○です。
生計困難者のために、無料又は低額な料金で診療を行う事業は、社会福祉事業に含まれます。第二種社会福祉事業となっています。(社会福祉法第二条3の九に記載があります。)

よって正解の組み合わせは5となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。