過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25182問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、子どもとの関わりにおける環境としての保育士についての記述である。( A )~( D )にあてはまる語句を【語群】から選択した場合の最も適切な組み合わせを一つ選びなさい。

保育士が子どもたちの「心のよりどころとなる」には、アタッチメント(愛着)の発達過程で示されるように、子どもの発するサインに対して、保育士がタイミングよく子どもの要求にそった( A )をすることによって、子どもとの間に( B )が結ばれる。特に、気持ちが不安定になりやすい時期や場面においては、心のよりどころとしての保育士の存在が重要となる。乳児期後半の子どもは、保育士を安全基地として( C )を展開するようになっていく。その後、子どもの( D )的な発達にともない内在化された保育士のイメージに支えられて、その場に保育士がいなくても、情緒的な安定をはかることができるようになる。

【語群】
ア  規律的関わり
イ  応答的関わり
ウ  情緒的な絆
エ  補完的な絆
オ  探索行動
カ  人間関係
キ  認知
ク  運動
 1 . 
(A)ア  (B)ウ  (C)オ  (D)キ
 2 . 
(A)ア  (B)エ  (C)カ  (D)キ
 3 . 
(A)イ  (B)ウ  (C)オ  (D)キ
 4 . 
(A)イ  (B)ウ  (C)カ  (D)ク
 5 . 
(A)イ  (B)エ  (C)オ  (D)ク
( 保育士試験 平成28年(2016年)前期 保育の心理学 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない
正解:3

ボウルビィによって提唱された理論です。
正しい全文は以下の通りです。


保育士が子どもたちの「心のよりどころとなる」には、アタッチメント(愛着)の発達過程で示されるように、子どもの発するサインに対して、保育士がタイミングよく子どもの要求にそった『応答的関わり』をすることによって、子どもとの間に『情緒的な絆』が結ばれる。特に、気持ちが不安定になりやすい時期や場面においては、心のよりどころとしての保育士の存在が重要となる。乳児期後半の子どもは、保育士を安全基地として『探索行動』を展開するようになっていく。その後、子どもの『認知』的な発達にともない内在化された保育士のイメージに支えられて、その場に保育士がいなくても、情緒的な安定をはかることができるようになる。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
イギリスの心理学者・精神分析学者のボウルビィによって提唱された『愛着理論』を踏まえて考えると下記の文章になります。

保育士が子どもたちの「心のよりどころとなる」には、アタッチメント(愛着)の発達過程で示されるように、子どもの発するサインに対して、保育士がタイミングよく子どもの要求にそった( A応答的関わり )をすることによって、子どもとの間に( B 情緒的な絆)が結ばれる。特に、気持ちが不安定になりやすい時期や場面においては、心のよりどころとしての保育士の存在が重要となる。乳児期後半の子どもは、保育士を安全基地として( C 探索行動)を展開するようになっていく。その後、子どもの( D認知 )的な発達にともない内在化された保育士のイメージに支えられて、その場に保育士がいなくても、情緒的な安定をはかることができるようになる。

よって正解の組み合わせは3となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。