過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25185問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、ピアジェ(Piaget, J.)の理論に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  物は隠れていても存在し続けているという物の永続性の理解は、ピアジェ(Piaget, J.)が提唱した月齢よりも早い時期であることがその後の研究によって示されている。
B  誕生から3歳頃までの子どもは、触る、叩く、なめる等の感覚運動を通して世界を理解している。
C  前操作期の子どもは、イメージや言葉を用いて世界を捉えることができるようになるが、それは自己中心的で、知覚的特徴に影響されやすい。
D  外界の対象に働きかける際に、その対象を自分に合うように変化させて、自分の内部に取り入れることを調節という。
 1 . 
(A)○  (B)○  (C)×  (D)○
 2 . 
(A)○  (B)○  (C)×  (D)×
 3 . 
(A)○  (B)×  (C)○  (D)×
 4 . 
(A)×  (B)○  (C)○  (D)○
 5 . 
(A)×  (B)×  (C)○  (D)×
( 保育士試験 平成28年(2016年)前期 保育の心理学 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない
正解:3

A―〇
B―×
C―〇
D―×

B.
誕生から2歳頃の子どもは、感覚と運動を共応させることを覚え、それを通して外界の存在を知り、外界と意識的に関わり始めます。
この時期を感覚運動期とよびます。

C.
前操作期(2~7歳頃)には、イメージや言葉を用いて世界を捉えることができます。
表象機能がより発達し、ごっこ遊び(象徴遊び)や延滞模倣が盛んに見られますが、しばしば現実と自分の思考内容を混同することがあります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
Aは○です。
適切な記述です。

Bは×です。
感覚運動が盛んに行われる時期は、2歳くらいまでと考えられています。

Cは○です。
適切な記述です。

Dは×です。
人間の認知の枠組みをシェマと呼び、外界からの刺激はその枠組みに合わせて認識されます(同化)。
一方で、その枠組みを変化させないと認識できない刺激に対したときは、シェマを変化させて外界からの刺激を認識します。これを調節と呼びます。

よって正解の組み合わせは3となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。