過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25186問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、子どもの感情の発達に関する記述である。( A )~( E )にあてはまる語句を【語群】から選択した場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

感情の発達については、運動・認知・自己の発達と関連しながら分化していくという考え方がある。この考え方の代表的な提唱者( A )によると、誕生時には、( B )、苦痛、興味の原初的感情をもって生まれ、生後3か月頃までに、( C )、悲しみ、嫌悪の感情がみられるようになり、6か月頃までに、驚き、怒り、( D )の感情が分化していく。これらは( E )と呼ばれ、見知らぬ人への反応などに反映されていく。他方、感情の発達については、基本的な感情は誕生時に備わっており、主として感情を抑制する側面が発達するという考え方がある。

【語群】
ア  一次的感情
イ  充足(contentment)
ウ  二次的感情
エ  ルイス(Lewis, M.)
オ  誇り(pride)
カ  感動(affect)
キ  喜び(joy)
ク  サメロフ(Sameroff, A, J.)
ケ  恐れ(fear)
コ  恥(shame)
 1 . 
(A)エ  (B)イ  (C)オ  (D)カ  (E)ア
 2 . 
(A)エ  (B)イ  (C)オ  (D)コ  (E)ア
 3 . 
(A)エ  (B)イ  (C)キ  (D)ケ  (E)ア
 4 . 
(A)ク  (B)カ  (C)オ  (D)コ  (E)ウ
 5 . 
(A)ク  (B)カ  (C)キ  (D)ケ  (E)ウ
( 保育士試験 平成28年(2016年)前期 保育の心理学 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
11
評価しない
正解:3

A―エ
B―イ
C―キ
D―ケ
E―ア

ルイス(Lewis, M.)は乳児の感情発達について、下記のように提唱しています。

乳児には、満足、苦痛、興味という3つの感情が見られます。
苦痛という感情は、主に生理的不快(空腹、眠気)と結びついており、赤ちゃんは泣く事によってその感情を表現します。
生後3ヶ月頃になると悲しそうな表情もするようになり、悲しみや嫌悪感より少し遅れて喜びの感情が芽生えてきます。
幼児の恐れの感情の成長は、人見知りが激しくなる6ヶ月頃になると出現する感情で、親との愛着関係が形成され始めた一つの表れだと言えます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
発達心理学者のルイス博士(1877-1956)は、人間の一次的感情について研究し、以下のように提唱しました。

・人は生まれながらにして「苦痛」「満足」「興味」の3つの感情を持っている。

・3ヶ月目頃までに「喜び」と「悲しみ」と「嫌悪」という感情が生まれる。

・6ヵ月目頃までに「怒り」と「恐怖」と「驚き」という感情が生まれる。

・概ね9か月頃までに喜怒哀楽という基本的な感情が形成される。

・16ヶ月目頃には、歩いて行動できる様になることで親元を離れて自分の世界を創りあげていくことで、「照れる」「憧れ」「共感」といった感情が生まれる。

・36ヵ月目頃には親や周囲の人の存在を認識することで
「自尊心」「罪悪感」「」恥ずかしい」といった感情が生まれる。



これをふまえて問いを考えると、適切な語句の組み合わせは3となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。