過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25192問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【事例】
Kちゃんはスプーンで食べ物をすくうことができず、かんしゃくを起こしてしまう。これに対し保育士は、Kちゃん自身が「スプーンで食べた」という喜びや達成感を味わい、さらに、自分でスプーンを使って食べようとする意欲を育てたいと考えた。そこで、あらかじめ食べ物をスプーンの上にのせ、そのあとはKちゃんが自分でやるようにした。また、保育士は、すくいやすい器にするなどの工夫も行った。こうした保育士の配慮に支えられて、Kちゃんはスプーンを使う経験を積み重ね、上手に食べ物を食べられるようになっていった。

【設問】
保育士が行ったこの対応の根拠となる発達心理学の用語として、最も適切なものを一つ選びなさい。
   1 .
発達段階
   2 .
発達の連続性
   3 .
発達課題
   4 .
発達の最近接領域
   5 .
発達過程
( 保育士試験 平成28年(2016年)前期 保育の心理学 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない
正解:4

『発達の最近接領域』とは、子どもが新しいことにチャレンジする際、自分一人の力だけで達成できることと、大人がほんのちょっと手助けをしてあげることで達成できることがあり、その隔たりのことをいいます。
これは、ロシアの発達心理学者のヴィゴツキーが提唱しました。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は4です。

「自力では難しいけど、誰かの協力があればできるかもしれない」領域が、発達の最近接領域です。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は4の発達の最近接領域です。

ロシアのヴィゴツキーは、発達の水準を『現在の発達水準』(子どもが自主的に解決できること)と、『明日の発達水準』(自主解決は不可能でも、適当な助言や教示があれば解決可能)の二つに分け、その間にある領域を『発達の再近接領域』と名付け、教育はその最近接領域に重きをおいて行われるべきだと考えました。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。