過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25210問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、食物アレルギーの症状についての記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  全身の症状には、意識がない、意識もうろう、ぐったりする、などがある。
B  呼吸器の症状には、声がかすれる、犬が吠えるような咳などがある。
C  消化器の症状には、腹痛、吐き気、下痢などがある。
D  皮膚の症状には、かゆみ、じんま疹、赤くなるなどがある。
E  顔面・目・口・鼻の症状には、顔面の腫れ、まぶたの腫れ、くしゃみ、鼻水、唇の腫れなどがある。
 1 . 
(A)○  (B)○  (C)○  (D)○  (E)○
 2 . 
(A)○  (B)○  (C)○  (D)○  (E)×
 3 . 
(A)○  (B)○  (C)×  (D)○  (E)×
 4 . 
(A)○  (B)×  (C)○  (D)×  (E)×
 5 . 
(A)×  (B)×  (C)×  (D)○  (E)○
( 保育士試験 平成28年(2016年)前期 子どもの保健 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
2
評価しない
厚生労働省「保育所におけるアレルギー対応ガイドライン」も、合わせて確認しましょう。
食物アレルギーには、4つの症状があります。
①皮膚粘膜症状…かゆみ、喉の痛み、息苦しさなど
②消化器症状…嘔吐、下痢など
③呼吸器症状…息がしにくい、呼吸時に「ゼーゼー」「ヒューヒュー」と音がするなど
④全身性症状…ぐったりする、意識低下(アナフィラキシーショック)
重度の食物アレルギーの子どもにはエピペンが処方されていることが多く、エピペン使用時の研修などを受けることが奨励されています。

A~Eについて、先に述べたように、全て食物アレルギーに見られる代表的な症状です。

よって正解は 1 です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は1です。

A~Eすべての記述が正しいです。

食物アレルギーは免疫が過剰に働くことによって身体に反応を示す状態を言います。症状に個人差はありますが、下痢、吐き気などの消化器や湿疹、痒みなどが見られます。症状がひどい場合、呼吸器にも咳などの症状が見られ、重症化すると、意識がない、意識もうろう、ぐったりするなどアナフィラキシーショックが見られます。

食物アレルギーの子どもの対応は十分に気をつけなければいけません。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は1です。

A 〇 適切です。
全身の症状には、意識がない、意識もうろう、ぐったりする、などがあります。

B 〇 適切です。
呼吸器の症状には、声がかすれる、犬が吠えるような咳などがあります。

C 〇 適切です。
消化器の症状には、腹痛、吐き気、下痢などがあります。

D 〇 適切です。
皮膚の症状には、かゆみ、じんま疹、赤くなるなどがあります。

E 〇 適切です。
顔面・目・口・鼻の症状には、顔面の腫れ、まぶたの腫れ、くしゃみ、鼻水、唇の腫れなどがあります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。