過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25651問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、感染症の感染経路及び病原体に関する記述である。適切な記述の組み合わせを一つ選びなさい。

A  空気感染とは、病原体を含む飛沫が乾燥し、感染力を保ったままで空気の流れに乗って拡散し、そのため空気を吸い込むことで感染することをいう。黄色ブドウ球菌がこれに該当する。
B  飛沫感染とは、感染している人が咳やくしゃみをすると、口から病原体がたくさん含まれた水滴が飛ぶが、この飛沫を吸い込むことで感染することをいう。A群溶血性レンサ球菌、百日咳菌、インフルエンザ菌がこれに該当する。
C  接触感染とは、感染源となっている人に触れることで起こるもので、直接接触感染(握手、だっこ、キス等)と、病原体が付着したものを介して起こる間接接触感染(ドアノブ、手すり、遊具等)がある。腸管出血性大腸菌がこれに該当する。
D  経口感染とは、病原体を含んだ食物や水分を口で摂取することによって、病原体が消化管に達して感染が起こることをいう。フグによる食中毒はこの感染経路を取る感染症である。
   1 .
A B
   2 .
A C
   3 .
B C
   4 .
B D
   5 .
C D
( 保育士試験 平成28年(2016年)後期 子どもの保健 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
5
評価しない
正解:3

A―×
B―〇
C―〇
D―×

A 黄色ブドウ球菌は空気感染ではなく、「接触感染」を感染経路とします。

D フグによる食中毒はフグが持つ毒素によるもので経口感染ではありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は3です。

A 黄色ブドウ球菌は空気感染ではなく、「接触感染」が感染経路となるため、この問題文は✕です。


B 適切です。

C 適切です。

D フグによる食中毒はフグが持つ毒素によるもので経口感染ではないので、この問題文は✕です。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
Aの記述は×です。不適切な記述です。
黄色ブドウ球菌は、飛沫や直接の接触で感染します。空気感染するものではありません

Bの記述は○です。適切な記述です。

Cの記述は○です。適切な記述です。

Dの記述は×です。不適切な記述です。
フグによる食中毒は、病原体でなくフグがもつ毒による症状となります。


よって正解の組み合わせは3となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。