過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第27202問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、保育所における保健計画の作成に関する記述である。不適切な記述を一つ選びなさい。
   1 .
計画作成には、全職員の共通理解を深め、協力体制づくりを行うことが必要である。
   2 .
計画作成に当たって、地域の保健医療の課題や動向を把握することも大切である。
   3 .
日々の保育に支障をきたさないよう、計画の実施・達成は専門的職員に任せる。
   4 .
具体的な活動の企画立案も、全体計画に携わった専門的職員が続けて担当するのが望ましい。
   5 .
計画は、子どもへの配慮をクラスごとや月齢別に作成する。
( 保育士試験 平成29年(2017年)前期 子どもの保健 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
正解は3です。

1 適切です。計画作成には、全職員の共通理解を深め、協力体制づくりを行うことが必要です。

2 適切です。計画作成に当たって、地域の保健医療の課題や動向を把握することも大切です。

3 保健計画の作成においては子どもに関わる全ての職員の協力が必要なため、1つの専門機関に任せることはできません。

4 適切です。具体的な活動の企画立案を、全体計画に携わった専門的職員が続けて担当することによって統一感が生まれます。

5 適切です。子どもの発達は月齢や年齢によって大きく変わってきます。ですので、保健計画や保育計画を作成する場合は、クラスごとや月齢別に作成する必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は3です。

1 〇 適切です。
計画作成には、全職員の共通理解を深め、協力体制づくりを行うことが必要です。

2 〇 適切です。
計画作成に当たって、地域の保健医療の課題や動向を把握することも大切です。

3 × 不適切です。
保健計画の作成は、基本的には保育者が行います。
実施・達成において、看護師や栄養士などの専門職が配置されている場合は専門性を生かした専門的職員と協力することとなっています。

4 〇 適切です。
具体的な活動の企画立案も、全体計画に携わった専門的職員が続けて担当するのが望ましいです。

5 〇 適切です。
計画は、子どもへの配慮をクラスごとや月齢別に作成します。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
解答は3です。

1、適切
 保育所の保健計画とは、健康管理や保健についての目標を月ごとに設定し保育所全体で取り組むものです。その内容は全職員に周知する必要があります。

2、適切
 その地域の保健医療の課題・動向を計画に盛り込むことでより内容の濃い計画になります。

3、不適切
 1の解説にも書いたように、保育所における保健計画は保育所全体で取り組むものです。計画・実施・達成までの流れは全職員で振り返る時間をもつことで共通認識が強くなりその次の計画の作成に役立ちます。

4、適切
 全体計画に携わった職員が続けて具体的な活動についても企画することで統一的な内容の計画になります。

5、適切
 保育所全体の保健計画をもとに、各クラスや月齢別におたよりにしたりして、具体的な目標や注意点を周知します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。