過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第37225問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文のうち、「経験カリキュラム」の説明として適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  学ぶ内容をそれぞれの分野に分けて系統的に教えるように編成している。
B  教科ごとに時間割が決められ、学年ごとに習得すべき内容を編成している。
C  学習者の活動や体験を中心としながら学びを進めていくように編成している。
D  子どもの興味関心とのずれが生じやすく、学習意欲を持続しづらい。
   1 .
A:○  B:○  C:×  D:○
   2 .
A:○  B:×  C:○  D:×
   3 .
A:×  B:○  C:×  D:○
   4 .
A:×  B:○  C:×  D:×
   5 .
A:×  B:×  C:○  D:×
( 保育士試験 平成29年(2017年)後期・地域限定 教育原理 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
13
評価しない
Aは×です。
Aの文は教科カリキュラムについての記述です。

Bは×です。
Bの文もA同様に教科カリキュラムについての記述です。

Cは○です。

Dは×です。
経験カリキュラムは子どもの学習意欲を維持しやすいと言われています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は、5です。

A × 不適切です。
経験カリキュラムではなく、教科カリキュラムの説明です。

B × 不適切です。
経験カリキュラムではなく、教科カリキュラムの説明です。

C 〇 適切です。
学習者の活動や体験を中心としながら学びを進めていくように編成しています。

D × 不適切です。
子どもの興味関心とのずれが生じやすく、学習意欲を持続しづらいというのではなく、子どもの学習意欲は持続しやすいです。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は5です。
経験カリキュラムとは、経験学習理論に沿って構成された教育システムのことを言います。

A 不適切です。学ぶ内容をそれぞれの分野に分けて系統的に教えるように編成しているのは「教科カリキュラム」です。

B 不適切です。教科ごとに時間割が決められ、学年ごとに習得すべき内容を編成しているのも「教科カリキュラム」です。

C 適切です。

D 不適切です。学習者の活動や体験を中心としながら学びを進めていくように編成しているため、子どもの興味・関心に合い、学習意欲が持続しやすいと言われています。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
解答. 5
( A ) ×です。
設問の記述は「教科カリキュラム」のものです。
( B ) ×です。
設問の記述は「教科カリキュラム」のものです。
( C ) ○です。
記述の通りです。
子どもの自発的活動を重視しています。
( D ) ×です。
子どもの自発的活動を重視しているため、学習意欲を持続しやすいと言われています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。