過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第37419問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、児童の権利擁護とその根拠法に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  児童の意見表明権は、「児童の権利に関する条約」に規定されており、日本政府は条約の締約国であるため、その権利が守られるように施策を考え実施しなければならない。
B  親子間の情緒的関与が過度に不足することにより子どもに重大な発達障害を与えることを防ぐため、「刑法」が「保護責任者遺棄罪」という罰則規定を設けている。
C  親が子どもを学校に通わせないなど、児童の教育を受ける権利が侵害された場合、「学校教育法」において児童のその権利を擁護する規定が設けられている。
D  子どもの将来が生まれ育った環境によって左右されることのないように、「子どもの貧困対策の推進に関する法律」が制定されている。
   1 .
( A )○  ( B )○  ( C )○  ( D )×
   2 .
( A )○  ( B )○  ( C )×  ( D )○
   3 .
( A )○  ( B )×  ( C )○  ( D )○
   4 .
( A )×  ( B )○  ( C )×  ( D )○
   5 .
( A )×  ( B )×  ( C )○  ( D )×
( 保育士試験 平成30年(2018年)前期 社会福祉 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
12
評価しない
A:○ 日本は1994年に批准しました。
B:× この文章は、児童虐待防止に関する法律ついての記載です。保護責任者遺棄罪は、生存に必要な保護をしなかった場合の罪に当てはまります。
C:○ 第22条に記載があります。
D:○ 平成25年に制定されました。

正解は、3です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
正解は 3 です。

A:〇
記述通りです。
子どもであっても意見を表明する権利は守られています。

B:×
「保護責任者遺棄罪」は老年者、幼年者、身体障害者などが含まれます。また、記述にある発達障害は脳の機能障害から起こるため該当しません。

C:〇
子どもには親にかかわらず教育を受けることができます。

D:〇
記述通りです。
家庭環境によって大きく左右されないように法律が制定されています。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は【3】です。

A:○
適切な記述です。

B:保護責任者遺棄罪とは子どもにかかわらず、高齢者など保護すべきものに必要な保護をしなかた場合に適用されます。

C:○
適切な記述です。

D:○
適切な記述です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。