過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第39424問」を出題

問題

次の文は、保育所に勤める保育士のWさんが、養護と教育の一体的な保育を心がけて行っていることである。「保育所保育指針」(厚生労働省告示第117号平成29年3月31日)に照らし、不適切な記述を一つ選びなさい。
 1 . 
Wさんは、子どもを一人の人間として尊重し、その生命を守り、情緒の安定を図りつつ、乳幼児期にふさわしい経験が積み重ねられていくよう丁寧に援助している。
 2 . 
Wさんは、子どもへの細やかで応答的な関わりのもと、子どもが安心感や信頼感の得られる生活の中で、身近な環境への興味や関心を高め、活動を広げていくように心がけている。
 3 . 
Wさんは、子どもが安心して自分の思いや力を発揮できる環境を心がけ、子どもが遊びなど自発的な活動を通して、体験的に様々な学びを積み重ねていけるようにしている。
 4 . 
Wさんは、保育所の生活の中では、子どもの年齢に応じて養護の時間と子どもの教育の時間をバランスよく配置し、子どもの一日の生活の中でそれぞれの内容が統合されるよう配慮している。
 5 . 
Wさんは、子どもが自分との信頼関係を拠りどころとしながら、日々の生活の中で主体性や生きることへの意欲を育んでいることを自ら常に心に留めて子どもと関わっている。
( 保育士試験 平成30年(2018年)後期 保育原理 )

この過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
保育における養護とは、生命の保持と情緒の安定です。きちんと養護されることで自己肯定感を持ち、学びが成り立ちます。

1:生命の保持と情緒の安定の上に教育があるので正しいです。
2:情緒の安定のため安心感や信頼感の得られる生活の中で教育が行われているので正しいです。
3:子どもが安心して過ごせる環境の中で学びが行われているので正しいです。
4:養護の時間と教育の時間を切り離しているので間違いです。
5:保育士が情緒と教育の一体的な保育を意識しているので正しいです。
評価後のアイコン
2019/09/07 23:34
ID : hnrqkqcm
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。