過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第39548問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、人工乳および調乳法に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  市販されている乳児用調製粉乳の標準調乳濃度は、約30%である。
B  無菌操作法では、調乳に使用する哺乳びんや乳首などの用具を事前に消毒する必要はない。
C  無菌操作法の調乳の際には、一度沸騰させた70°C以上の湯を使用し、調乳後2時間以内に使用しなかったミルクは廃棄する。
D  フォローアップミルクは、鉄が添加されていない。
   1 .
○  ○  ○  ×
   2 .
○  ×  ×  ○
   3 .
×  ○  ○  ○
   4 .
×  ○  ○  ×
   5 .
×  ×  ○  ×
( 保育士試験 平成30年(2018年)後期 子どもの食と栄養 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
8
評価しない
正解は5番です。

A  不適切です。
標準調乳濃度は約30%ではなく、約13~14%です。

B  不適切です。
乳児は雑菌に弱いので、調乳に使用する用具は事前に消毒しておきます。
無菌操作法は、一般家庭や少人数の乳児に対して1回分ずつ調乳することをいいます。乳児院や病院などで多数人を対象として数回分のミルクをまとめて調乳する終末殺菌法もあります。

C  適切です。
厚生労働省の「乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドラインについて」に記述されています。

D  不適切です。
フォローアップミルクは、生後9~11か月の離乳後期に不足しがちな鉄を添加していることが特徴です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は5です。

A × 不適切です。
標準調乳濃度は、約13~14%です。

B × 不適切です。
無菌操作法は消毒済みの哺乳瓶にお湯と粉ミルクを入れ、消毒済みの乳首をつける方法です。

C ○ 適切です。
湯は沸騰後30分以内のものを使います。

D × 不適切です。
フォローアップミルクは、離乳後期に不足しがちな鉄及びその吸収を助けるビタミンCを添加しています。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
Aは×です。不適切な記述です。
市販されている乳児用調整粉乳の標準濃度は13〜14%です。

Bは×です。不適切な記述です。

Cは○です。記述の通り、一度沸騰させた70度以上のお湯を使って調乳します。そして2時間以内に飲まなかったものは破棄します。

Dは×です。フォローアップミルクとは、離乳食の補完的に飲むミルクのことで、離乳食だけでは摂れないカルシウムや鉄分、ミネラルなどの栄養素が配合されたミルクを指します。


よって正解の組み合わせは4となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。